【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
【おすすめ】ダイエットで健康的に痩せる方法は6つだけ。断言します

【おすすめ】ダイエットで健康的に痩せる方法は6つだけ。断言します

  • 健康的に痩せる方法を知りたい
  • ダイエットで、中身も見た目も健康になりたい

 

そんな想いに応えます。こんにちは、わっちです。

わっち
はじめに結論をいうと本記事で僕が伝えたいことは、以下の通り↓です。

 

僕が伝えたいことは・・・↓

  • 体重を、ただ減らすこと→×
  • 体を引き締め、余計な脂肪を減らす→◎

上記の通り。

 

ただ体重を減らす方法は、無限にあります。

いろいろな方法で痩せることはできるけど、不健康になってしまう方法もたくさんある。今回は健康に、スッキリ痩せる方法を解説します。

 

【ダイエット】健康的に痩せる「6つ」のコツ

【おすすめ】ダイエットで健康的に痩せる方法は6つだけ。断言します

わっち
残念ながら「健康的に痩せる方法」に、近道はありません

 

「いきなりバッドニュースかよ・・・」と感じたかもですが、簡単に手に入らないからこそ「健康」には価値があります。

 

とはいえ絶対に達成できないわけではありません。健康的にダイエットしたいならやることはシンプルで、今回紹介する6つの方法を一つずつ自分のものにしていくことです。

 

健康的に痩せる方法は「筋肉質にし、体脂肪を減らす」こと

わっち
ダイエットで健康的に痩せたいなら意識すべきは「体を引き締め、余計な体脂肪を減らすこと」です。

 

そもそも余分な体脂肪はなぜあるのか、疑問ですよね。結論からいうと、体脂肪は生きるためのエネルギー源として必要なんです。

 

体脂肪の働き↓

  • 体温維持など生命維持活動に使用
  • 体のクッションとなり、衝撃から体を守る

 

などの働きがあります。体脂肪は必要。問題は「体脂肪が必要以上に増えすぎていること」です。

 

体脂肪が増えると「高血圧、糖尿病など生活習慣病」になりやすくするからそこで僕が自信を持ってオススメする「健康的に痩せる方法」は、以下の6つです。

 

健康的なダイエットのコツ↓

  1. 血糖値を急上昇させない食べ方をする
  2. サラダ・食物繊維をたくさん食べる
  3. 腸内環境を整える
  4. 1日1.5リットル水分補給する
  5. 適度に運動(筋トレ)をする
  6. 起床したら朝日を浴び、7時間睡眠

 

上記の通りで、意外とシンプル。極端な方法などは、オススメしません。以下で順番に解説していきます↓

 

【メリット】健康的に痩せる6つの方法と理由

【おすすめ】ダイエットで健康的に痩せる方法は6つだけ。断言します

①血糖値を急上昇させない食べ方する

わっち
健康的に痩せたいなら、血糖値を急上昇させない食べ方を心がけてください。

 

痩せつつ健康的になりたいなら、血糖値のコントロールはとても重要です。なぜなら「血糖値が急上昇する食べ方」は、肥満になりやすくなるから。

 

血糖値は特に「糖質が多く含まれた食べ物」を食べると上昇しやすいです。でも糖質を全く食べないのも不健康になる。

 

解決策はシンプルで「ベジファースト」をすることです。つまり食べる時に、野菜から食べ始めること。

 

ベジファーストとは・・・↓

  • サラダなどの野菜から食べ始める
  • その後にタンパク、スープ、副菜食べる
  • 最後にご飯など「炭水化物」を食べる

 

ベジファーストとは、上記の順番で食べること。野菜を食べてから20分後くらい経った後「炭水化物」を食べるようにすれば効果はより大きくなります。

 

②サラダなどの食物繊維をたくさん食べる

わっち
2つめの健康的にダイエットする方法は、食物繊維をたくさん食べることです。

 

もう皆さん知っていると思いますが、食物繊維の持つ力は偉大です。

食物繊維の効果↓

  • 血糖値の上昇を穏やかにする
  • カサマシ食品→少ない量でも満腹感を得られる
  • アンチエイジング(老化防止)効果バツグン◎

 

などの効果があります。とはいえ効果があるのはわかっていても、しっかり食べている人は少ないと思います。「知っている」と「実行している」では、結果に雲泥の差が生まれます。

 

大切なことはつべこべ言わず、しっかり野菜をたべることです。特に食物繊維ちなみに食物繊維には「水溶性と不溶性」の2種類があります↓

 

水溶性食物繊維↓

  • 血糖値の急激な上昇を抑える
  • コレステロールを吸収・吸着し排出
  • 善玉菌を増やす働き

 

不溶性食物繊維↓

  • お通じをよくする
  • 体の中の毒素や老廃物を出す

 

この辺は詳しく覚える必要はないです。でも食物繊維は「健康的に痩せるには必要不可欠」ということだけは覚えておいてください。というより、これだけ覚えていればOK。

 

食物繊維を食べることでお腹が膨れやすくなり、空腹をしのぐこともできます。ダイエット中に食欲を抑えられることは、減量成功をグッと近づけます。

 

欲を言えば「不足しがちなミネラル」なども、摂取できるとさらにいいです。

ミネラルが不足すると・・・代謝がスムーズに行われなくなるというデメリットがあります。野菜のほか「海藻、果物」などにも、ミネラルが豊富。

 

野菜は食べ過ぎてマイナスになることはないので、食卓に1品でもふやしてみてください。

 

③腸内環境を整える

わっち
健康的に痩せる上で、腸内環境を整えることも欠かせません

 

腸内環境を良くすることは、健康を維持する上で最重要。「腸は第2の脳」と呼ばれるくらい、人間の臓器の中で大切な存在です。

 

腸内環境の悪化は、太りやすくなるし、様々な病気にかかりやすくなります。腸内環境を良くしてくれる食べ物を食べることで、解決できます。たとえば・・・↓

 

腸内環境を良くする食べ物↓

  • ヨーグルト
  • 納豆、キムチなどの発酵食品
  • サラダなどの食物繊維

 

など。詳しくはこちらの記事で解説しているので、気になった人はどうぞ↓

関連記事

なんで今、腸活なの? そもそも、腸活って何? そんな想いに応えます。結論から言うと、腸活とは「腸内環境を整えて、超の働きを正常にすること」です。 悪玉菌が多い→腸内環境× 善玉[…]

【腸活ダイエット!】腸をきれいにする食べ物って?【腸内環境を整える】

 

④1日1.5リットル水分補給する

【おすすめ】ダイエットで健康的に痩せる方法は6つだけ。断言します

わっち
健康的に痩せる4つめの方法は、水分補給をしっかり取ることです。

 

成人した人の体は意外かもですが、60%が水分でできています。

 

水分補給が健康になる理由↓

  • 老廃物を流しやすくなる
  • 水分をしっかり取ることで、食べ過ぎを防げる
  • 肌た髪に艶が出る

 

上記の通り。水分が少ないと血液がドロドロになり、つまりやすくなります。すると脳梗塞などの怖い病気になりやすい。

関連記事

痩せるために、何を避けるべき? どんな飲み物がオススメ? ダイエットで気をつけるべき飲み物って何? そんな想いに応えます。突然ですが、あなたは「ダイエット中にしっかり水分補給」できていま[…]

【決定版】痩せる飲み物7選!【ダイエットにオススメなドリンク】

 

⑤適度に運動する習慣をつくる

わっち
健康的に痩せる5つめの方法は、定期的に体を動かすことです。

 

運動をすることで「筋肉」が収縮して、血流が良くなります。血流が良くなると体の隅々に、血液と一緒に「栄養」が行き届くようになり細胞が若々しさを保てるのです。

 

運動習慣がないと・・・↓

  • 血流がわるく、老廃物を流しにくくなる
  • 筋力低下により、疲れやすくなる
  • ちょっとしたことで、ケガをしやすくなる

 

逆に「筋トレ」をして筋力をつけると、風邪もひきにくくもなるなど「健康的な肉体」へと変えることが可能です。

 

運動のメリット・・・運動をすることで、余分な体脂肪をエネルギーに変えられる。体を鍛えれば「今までと同じ生活」をしていても、消費カロリーが高まります。運動をすることで、痩せやすく健康的な体にできる。

 

⑥毎日7時間睡眠し、起床したら朝日を浴びる

わっち
6つめの健康的に痩せる方法は、睡眠時間を7時間取り朝日を浴びることです。

 

まず睡眠時間が足りてないと↓

  • 食欲がアップする
  • ネガティブ思考になりやすい
  • 疲れやすくなり、人生を楽しめなくなる
  • 集中力が低下し、仕事や勉強で成果が出ない
  • イライラしやすく、他人とトラブルになりやすい

 

など。睡眠不足でいいことは一つもなく、むしろデメリットだらけ。

 

特に睡眠が足りてないと・・・↓

  • 食欲を抑えるホルモン(レプチン)が減少
  • 食欲増進させるホルモン(グレリン)増加

 

上記の通りで、ダイエットする際に最大のデメリット。普通に「ダイエットの敵」ですし、健康的な体からも遠ざかります。寝ましょう。

 

とはいえ、以下のような悩み↓を抱えた人もいるはず。

  • 夜になっても眠れない
  • 眠りたいけど、眠くならない
  • ベッドに入っても、なかなか寝付けない

 

解決策はシンプルで、運動をして体を疲れさせることです。筋トレや運動をすると、気分を上げてくれるホルモンが分泌されリフレッシュできる。前向きになるし、睡眠の質も上がる。

 

眠れないからといって「お酒」に頼るのはNG。すぐに眠ることができるけど、眠りが浅くなり睡眠の質が落ちるから。

 

ちなみに朝起きたら「日光」を浴びることがオススメです。

なぜ「朝日を浴びる」といいの?・・・体内時計がリセットされ、脳が目覚める。また夜に熟睡ホルモンが出やすくなる。朝日を浴びることで「ビタミンD」が作られて、幸せホルモンが分泌される。

上記の通りで、シンプルにメリットが多いです。

 

そこで「運動習慣」+「朝日を浴びる」+「夜熟睡できるようになる」という3つを同時に叶えることができる「朝散歩」もオススメ↓

関連記事

最近、イライラする やる気が出ない なんか、モヤモヤする こんな経験、ありませんか?それ、ぜんぶ「セロトニン」のせい。 今回やって欲しいことは「2つ」だけ![…]

【10分で変わる】朝活「ウォーキング」ダイエット!【散歩効果】

 

【体験談】6つの方法で自分史上「最高に体」になる

わっち
僕は上記の6つを、愚直に続けています。するとどうなるか?

 

結論からいうと、すこぶる健康になります。何よりも、人生史上1番健康的な肉体だなと痛感できるようになります。高校生の頃毎日部活してた時よりも、筋肉質で体脂肪率も低い。

 

このことから年齢は関係なく、何歳からでも改善は可能です。あとは「やるか、やらないか」だけ。

 

全部やるのは、大変?→答えはNO!

【おすすめ】ダイエットで健康的に痩せる方法は6つだけ。断言します

とはいえ・・・↓

  • やること多すぎて、毎日はできない
  • 忙しく、続けられない。挫折してしまう

と思う人もいるはず。

 

いきなり全部を完璧にやる必要はありません。むしろいきなり全部を100%できることなんてない。

 

まずは「自分ができそうだ」と思うことから、一つずつできるやっていけばOKです。

 

僕も最初から全部できていたわけじゃありません。一つずつやっていった結果、意識せずともできるようになりました。そうして習慣になってから、次のものを足していくだけ。

 

【結論】脂肪の量を減らし、太りにくい体にしよう

わっち
本記事をまとめると「健康的にダイエット」するには、筋肉質にし余計な体脂肪を減らすことです。

 

ただ単に脂肪を落として体重を落とすだけでなく、筋肉量をアップさせて引き締まった美しいスタイルを目指すこと。

 

太りにくく痩せやすい、さらに健康的。そんな体を目指しダイエットしていきましょう。その方法が、今回紹介したことで達成できます。

 

もっといろいろな方法を知りたい人向けに、オススメの書籍も紹介します↓

上記の本もオススメで「太りにくい体にしつつ、病に負けない体を作る」方法やコツが書かれています。免疫力を高める方法なので、若干変わってきますが「健康的に痩せる」方法として、本書の内容もいいと思います。

 

大丈夫、僕と一緒に頑張っていきましょう♪

関連広告
【おすすめ】ダイエットで健康的に痩せる方法は6つだけ。断言します
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。