【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
【最強】16時間断食で痩せて若返る!【8時間ダイエット】

【最強】16時間断食で痩せて若返る!【8時間ダイエット】

  • 効果のある断食の時間を知りたい
  • 結局、断食ってどのくらいの時間やればいい?
  • 空腹は、最強のクスリって本当?

 

そんな想いに応えます。

さて、先日以下のツイートをしました↓

 

「どのくらいの時間、断食するのがいい?」と疑問に思ったりするかもですが、それならひとまず16時間を目指すのがオススメ😁16時間以上の空腹で「オートファジー」という体の修復機能により「病気・老化を防ぐ働き」が活発になります。ひとまず朝食はブラックコーヒーで過ごし、お昼と夕食生活が◎です

 

上記の通りです。今回は上記を深掘りしていきます。

 

【ダイエット◎】断食すれば痩せて、細胞から若返る!

【最強】16時間断食で痩せて若返る!【8時間ダイエット】

痩せる「1番いい断食時間」は16時間です

わっち
結論から言うと、オススメの断食時間は16時間です。

 

つまり食べる時間は8時間。8時間ダイエットは、ダイエットにかなり効果的です。

以下で詳しくみていきます↓

 

【理由】断食は「16時間」がベストな訳

16時間断食がオススメな理由はシンプルです↓

  1. 健康効果、アンチエイジング効果◎
  2. 食欲の我慢できる時間としてちょうどいい
  3. 体脂肪を燃やし痩せやすい体になる

 

空腹の時間を作ることで、上記の効果を得ることができます。

 

まず16時間の断食時間を作ることで、健康になれます。現代人は食べすぎでして、食べ過ぎにより多くの生活習慣病のリスクが高まっています。

 

栄養のあるものを食べすぎでいるならまだマシですが、「甘いお菓子やスイーツ」などを栄養分の少ない加工食品などは最悪です。

 

そんな糖質過剰や食べ過ぎをリセットさせる方法、それが空腹時間を作ること。

 

空腹時間を作ることで、オートファジー効果が活性化します。

オートファジーとは・・・古い細胞が新しい細胞へ生まれ変わること。古い細胞は活性酸素を増やし、老化を促進する。また病気になりやすくなる。オートファジーによって、細胞から若く健康を作ることができる。

 

断食することで体は飢餓状態に。また「肝臓に蓄えられた糖」も枯渇します。すると「古い細胞や脂肪」が、エネルギーとして使われます。結果としてダイエットにもなるし、健康にもなれるのです。

 

オートファジーは断食してから「12時間後」くらいから効果が出てきます。特に「オートファジーが活性化」するのが、断食してから16時間後くらいでして、やるなら16時間一択です。

 

【経験談】16時間断食で痩せるし、健康になった

【最強】16時間断食で痩せて若返る!【8時間ダイエット】

断食はシンプルに食欲との戦いです。食欲をうまくコントロールできないと、ドカ食いしリバウンドしてしまいます。

 

その点、16時間はちょうどいいです。まず睡眠時間は7時間取ることで、食べない時間は、残り8時間です。その時間は仕事に集中したり、好きなことしてればOK。

 

わっち
僕は普段から「朝ごはん抜きの16時間断食」をしておりまして、僕の一日は以下の通りです↓
  • 6:30→起床
  • 8:00〜12:00→コーヒーorお茶のみ
  • 12:00〜13:00→お昼ごはん
  • 13:00〜17:30→仕事
  • 18:00〜20:00→夜ごはん

 

こんな感じでして、たまに小腹が空いているときはおやつも食べます。仕事でお昼が前後にずれたり、飲み会などで夜ご飯が遅くなったりしますが、だいたいこんな感じ。

 

以前の僕も1日3食。それが当たり前だと思っていましたが、現代人は食べすぎなんですよね。断食の最初の頃は大変。

というか慣れるまでは「朝ごはん食べたい」と感じますが、朝食を抜くことで朝から眠くなることが減ったり、集中力が増したり。いいことがたくさんあります。

 

メリットが多いので、やらない手はありません。まじでオススメでして、まずは僕の「16時間断食」の効果や方法をみてください。きっとやりたくなるはず。

関連記事

ダイエット中の朝は、何をすればいい? 朝食抜きは、太る? 朝ごはんは、何を食べるのがベスト? そんな悩みに応えます。 【朝食メニュー】太らないダイエット朝ごはん【モーニング[…]

【オススメ痩せる】ダイエット中の朝食の鍵はコーヒー【朝ごはん】

 

16時間ダイエット危険?断食は痩せない?→NO!

【最強】16時間断食で痩せて若返る!【8時間ダイエット】

ここまで読んできて、以下のようなことを感じた人がいるかなと思います。

 

  • どうせならもっと、断食の時間を増やした方がいい
  • 16時間の間なら、好きなもの食べても痩せる
  • 断食ダイエットは痩せない、太る

 

これらは半分正解で半分不正解です。

断食時間は伸ばせるだけ、伸ばすべき?

わっち
結論から言うと、時間を伸ばせば効果は上がるがオススメしません。

 

断食は効果があるので、時間を長く設定できた方が確かに効果は大きくなります。でも断食時間を長く設定すると、以下のようなデメリットも生まれます。

 

16時間以上の断食のデメリット↓

  • 断食時間を伸ばすと、食欲との戦いがしんどくなる
  • 断食後の回復食の準備が面倒である
  • 食べない時間が増えることで、食事を楽しむ回数が減る

 

僕が16時間を推奨するのは上記の通りでして「断食効果と続けやすさ」のいいとこ取りができるからです。

 

16時間の間なら、好きなもの食べても痩せる?

結論から言うと好きなものを、好きなだけだけ食べていたら太ります。

わっち
痩せたいなら意識すべきは「消費カロリー>摂取カロリー」です。

 

でも我慢しぎてもストレスは溜まりますし、何より人生を楽しめません。

だからこそ「好きなものは、小腹が空いた時のみ食べてOK」としましょう。僕はこのルールでダイエット成功しました。

 

断食しないと、気づかぬうちに食べ過ぎる

断食で痩せないという人は、おそらく正しいやり方ができていません。だから太る。そして本当に現代人は、食べ過ぎです。

 

食べ過ぎが引き起こす問題↓

  • 肥満や体の疲れやすさ
  • 高血糖、糖尿病などの生活習慣病
  • 細胞の炎症、老化

 

など。これらを防ぐ方法が「ものを食べない時間を作ること」でして、つまり断食することです。食べ過ぎは多くの病気を引き起こします。まさに「空腹こそ最強のクスリ」です。

 

【結論】16時間の断食で痩せて、若々しくなろう

わっち
断食は最強のダイエット方法であり、アンチエイジング方法です。僕が心からオススメする方法なので、ぜひやってみてください。

 

16時間断食ダイエットは、シンプルなのに効果大。自分にとって1番いい食事時間である8時間を見つけられたら勝ちです。

 

もっと詳しく知りたいと言う人は、以下の書籍を読んでみてください↓かなりわかりやすく、読みやすいベストセラー本です。一読の価値ありです。

大切なことは、行動することです。やってみて、ダメなら修正していく。そうして少しづつ、理想の自分に近づけていきましょう。

 

大丈夫。僕と一緒に頑張っていきましょう♪

関連広告
【最強】16時間断食で痩せて若返る!【8時間ダイエット】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。