学生ブロガー×ミニマリスト×人生「幸福」応援人
【衝撃!】夜食べても太らないシンプルなルール!【痩せる人になる方法&コツ】

【衝撃!】夜食べても太らないシンプルなルール!【痩せる人になる方法&コツ】

  • 夜がっつり食べると太る
  • 夜食べるくらいなら、朝・昼でいっぱい食べよう

 

そんなこと言われてますよね。結論から言うと上記は科学的に見たら、間違いだったということが分かりました。今回は、下記の5つについて、徹底解説していきます。サクッと読んで、人生をもっとHappyにしていきましょう

 

  1. なぜ、夜食べると太ると言われるのか?
  2. 正しい食事なら、夜食べても太らない!
  3. 断食は、ダイエットの味方
  4. 夜食にオススメな食べ物(タンパク質)
  5. ダイエットは習慣で決まる!
広告

【科学論文が証明】「夜食は太る」は嘘!【でも、信じすぎはNG】

夜食べると「太る」と言われる2つのワケ

僕たち人間が、夜食べ物を食べると太ると言われる理由は主に2つあります。それが下記⏬です。

  1. 夜は活動量が減り、代謝が落ちるから
  2. 22時以降は、脂肪を溜め込みやすくなるから

 

夜食べると言われる理由は、主に上記の理由からです。午後6時以降になると、日中よりも動かなくなるため人の代謝は落ちると言われています。だからこそ、夜たくさん食べてしまうと、太ると言われています。

 

つまり夜になるにつれ、カロリーが燃えにくい体になっていくということです。さらに夜の10時以降は、ビーマルワン(baml1)という遺伝子は「脂肪を体にため込む」性質があります。脳が食べたものを脂肪に変えて、体に貯蔵するように指令を出すのです。

 

このような2つの理由から、夜に食べ物をたくさん食べると太ると言われてきました。ところがこれ、人間を対象にした研究から導き出された結論ではないのです。つまり人間にこの効果があてはまるかどうか、この研究からは分からないのです。

夜食を食べても、太らない!

では、実際に人間が夜に食べるとどうなの?」って、疑問に思いますよね。そんな研究を実際に行った結果、驚くべき結果が出てきたのです。結論から言うと「夜、がっつり食べても太らない。それどころか、むしろ痩せるという研究結果がでたのです。

 

「それ、どうやって調査したの?」って思いますよね。世界は広いです。なんとこの研究にうってつけの国があるのです。それはイスラム教の国です。イスラム教では、ラマダンと呼ばれる断食の「しきたり」があり、ラマダン中は日が登ってる最中は「食事NG」なのです。

 

つまりラマダン中は、ほぼすべての国民が夕食しか取らないのです。つまり、カンタンにいうと下記👇です。

  • 日中は断食
  • 夜だけガッツリ食べる
  • ➤研究の対象として、最適!

断食すれば、ドカ食いしてもむしろ痩せる!

彼らは明るい時間はガッツリ断食しているため、当然のように夕方には「お腹はペコペコ」です。そのため夜は、ドカ食いレベルで食べますイスラム教徒の若者をラマダン中に研究することで、「夜に大量に食べる事は本当に太るりやすいのか?」がハッキリしたのです。

 

結論から言うと・・・👇

  • 筋肉量は、減っていなかった
  • 逆に、体脂肪は減っていた

 

つまりかえって、夜ガッツリ食べていた方が痩せたのです。とは言え彼らは、朝から夕方まで断食しており「プチ断食」的な効果があることで痩せた、ということも確かにあると思います。でも、他にも多くの研究で同様の研究結果が出ています。

【朝食べるより、夜食べる!】朝食抜きの「プチ断食」がオススメ!

ここで「朝ガッツリ食べるのと夜ガッツリ食べるの、結局どっちのほうがいいの?」って感じた方もいると思います。確かに巷では「夜減らして、朝食べたほうがいい」という意見もあります。結論から言うと「夜食べよう」です

 

  • 【夜】ガッツリ食べていたグループ
  • 【朝】ガッツリ食べていたグループ

 

海外の大学で、上記2つを比較し調査した結果「夜ガッツリ食べていた方が痩せた」という研究があります。つまり「体型を維持したいor痩せたい」と思うなら、朝の食事を減らす。もしくはプチ断食をする」の方がむしろ痩せる効果が高いのでオススメです。

【体験談】プチ断食は、本当に効果アリ!

僕個人的には、朝はなるべく食べない「プチ断食」をすることをオススメします。僕は実際に1か月間、朝食を抜くプチ断食を行いましたが、本当に体重がストンと落ちます。短期間で、ガッツリ落としたい人には特にオススメです。詳しくは下記👇からcheck♪

 

関連記事☞

 

また慶応大学の研究によると、夜はリラックスモードになっており体が食べたものを消化しやすく、より吸収しやすくなるとも言われています。なので栄養のあるものは、なるべく夜食べましょう。その方が効率よく、体に栄養を吸収することができるのでオススメです。

 

ちなみに日中に、体が栄養を吸収しにくい理由はシンプルです。それは「昼は体が活動することにエネルギーが振り向けられ、消化・吸収は疎かになってしまうから」です。

【睡眠は重要】睡眠の質が落ちると、ダイエットに失敗する!

とは言え、夜ガッツリ食べることにも問題があります。それは「睡眠の質が落ちること」です。寝る直前まで食べてしまうと、残念ながら睡眠の質が大きく下がります。睡眠の質が下がると、太りやすくなってしまうので、注意してください。

 

なるべく「就寝時間の2時間前まで」に、夕食は終わらせてください。なのでたとえば「夜11時に寝る習慣なら、夜の9時までには夜ご飯を済ませておきましょう。」とにかくそれだけは意識して、行動してください。

 

  • 寝る2時間前までに、夕食は済ませよう!
  • 睡眠の質が落ちると、マイナスな影響ばかり!
  • 寝る直前まで食べると、太りやすくなる!

【糖質制限が最強のダイエット】結局、何を食べるかが1番重要!

あなたが太りたくないなら、忘れてはいけないことがあります。それは人を太らせるのは、脂肪ではなく「糖質」ということです。夜に糖質ばかり大量に食べていたら、やっぱり太ってしまいます。本気で長期間痩せたいなら、糖質制限は必須です。

 

とはいえ「完全に糖質を食べるな」と言いたいわけではありません。僕自身もごはんやパンは大好きですし、それを人生の中から、なくしてしまうと100%人生を楽しめなくなってしまいます。大切なことは、糖質とうまく付き合っていくことです。下記の記事👇で詳しく解説したので気になった方はcheckしてみてください♪

 

上記の記事で詳しく述べていますが、軽くネタバレすると夜食べたくなったら「たんぱく質」を食べるように心がけてみてください。たんぱく質は、ダイエットの最強のオトモですたんぱく質のいいところをザックリ3つ挙げると、下記👇です。
  • 食欲を抑える効果(満腹感)アリ
  • 血糖値を急上昇させない
  • 筋肉になり、代謝をあげる

「習慣のテクニック」で、ダイエットをラクに成功させよう!

  • やっぱり、寝る2時間前までに食事を終わらせるのは難しい
  • どうしてもお腹がすいて断食できない
  • ついつい、夜においしいものを食べてしまう

 

多くの人が、上記のような悩みを抱えていると思います。ぶっちゃけ、以前の僕もそうでした。でもそんな僕のような方に朗報です。食生活の悩みや問題は、「習慣で解決可能」です。何を隠そうこの僕が、習慣のテクニックを駆使して悪い習慣の撃退に成功しました。

 

テクニックさえ身につけてしまえば、余計な間食もなくなり、ついつい食べてしまい自己嫌悪に陥る・・・なんてこともなくなります。ついでに痩せるようになるので、一石3鳥です。もはや、やらなきゃ損ですね。

 

関連記事☞

  • 習慣を身つけるのは大変・・・
  • 習慣にしようと頑張る方がシンドイ・・・

 

と思う方もいるかもしれません。でも実は、習慣はあなたが思っているよりもカンタンに身に着けることができます。下記👇の記事のリンクから飛んで、それを実践していただければかなりの確率で、いい習慣を身に付けることができるようになります。

 

 

習慣はテクニックであり「やり方やコツ」さえ分かってしまえば、誰にでもできるようになります。ダイエットは習慣です。ぜひあなたも正しい方法を知って、理想のボディを手に入れてくださいね。

 

こちらもオススメ!

【衝撃!】夜食べても太らないシンプルなルール!【痩せる人になる方法&コツ】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。 言葉の力で、人生を変える。