【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
白湯 hot 水

【飲まなきゃ損】白湯のダイエット、デトックス効果が凄い!【完全版】

あなたは白湯のもたらす驚くべき効果を知っていますか?

 

白湯ダイエットなど、今でも多くの芸能人やモデルが実践しています。これを読んだらあなたも今日から白湯を毎日飲みたくなるはず。

想像以上に「白湯」を飲む効果がスゴイ!

 


上記の通り。簡単にできて、お金もかからない。

なのにうれしい効果がたくさんある!

今回は「白湯」について深掘りしていきます。

 

白湯を飲むことによる6つの効果!

白湯を飲むことによる効果はこちら

  1. デトックス効果
  2. ダイエット効果
  3. 免疫力アップ
  4. 冷え性対策
  5. 血液サラサラ効果
  6. お通じが良くなる

 

デトックス効果

pasja1000 / Pixabay

白湯を飲むことで、血流・リンパの流れが良くなります。そのため、身体の中に溜まっている余分な水分が排出され、むくみが改善。

 

血液循環が良くなるため、体の中の老廃物が排出されやすくなるのです。

 

ダイエット効果

ダイエット
skeeze / Pixabay

内臓が温まることで代謝がアップします。

内臓を温めると消化が促進され、老廃物も効率よく排出されるようになります。

 

内臓が1度上がると、基礎代謝が10%アップすると言われています。

 

基礎代謝とは
生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーです。

 

1日の総消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)とも言われています。基礎代謝が、10%も上がるということがとんでもなく大きな影響を私たちの体に与えるのです。

 

関連記事

運動しても痩せないって本当? ジムで運動してるのに、体型が変わらない そんな想いに応えます。 この記事は、「本気で痩せたい」という想いに応えます。 【ダ[…]

【衝撃】運動しても3割の人しか痩せない!その4つの原因と理由を知り、痩せる体になろう!

冷え性・便通改善効果

冷たい物を体に入れると、内臓はその温度をあげようとたくさんのエネルギーを使います。

 

しかし白湯は温かいまま内臓に届くため内臓を温め、さらに温度を上げる必要がありません。そのため内臓は消化に専念できるようになります。

 

さらに腸も暖めてくれ、全身の血行もよくなり冷え性も改善されるのです。

また、便秘改善にも効果的です。こうして身体から不要なものが出ていきやすくなり、体重が減ることがあるようです。

 

むくみ解消効果

白湯に限らず水分を積極的に摂取することは、脱水状態を防ぐ事に繋がり、むくみの解消につながるといわれています。

 

むくみは、体内で水分が少なくなることで、より身体に水分を蓄えておこうという体の働きによって起こることがあります。よって、体に必要な量の水分を取り入れる習慣を持つことは、むくみにくい身体につながります。

もし顔がむくみやすいという人は、白湯を飲む習慣を試してみましょう。

 

免疫力UP効果

白湯を飲むと体が温まります。そうして体温が上がると、全身の機能が活性化します。

 

つまり白湯を飲むことによって、新陳代謝や免疫力の向上に繋がるといわれているのです。

 

飲むタイミングは朝(寝起き)と晩(寝る前)と食事前

体にいいからと、常にガブガブ飲んでいいわけではありません。

 

白湯は一日800mlまでを目安に飲みましょう。あまり飲みすぎると、逆に内蔵への負担を増やしてしまい、かえって逆効果になるといわれています。800ml未満の範囲内で飲むようにしましょう。

 

では、いったい白湯をいつ飲めばいいのでしょうか。白湯は、朝起きた時、食事前、就寝前がいいと言われています。

朝起きた時に飲む白湯の効果

freephotocc / Pixabay

寝ている間はコップ一杯の水が身体から排出されています。朝起きて白湯を飲むことで、寝ている間に汗をかいて発散してしまった水分を補う意味があります。

 

飲める程度に冷ました50℃前後の白湯を100ml~200mlを一杯として、5分~10分かけて身体に負担をかけないように少しずつすするように飲むのがおススメです。

 

特に朝起きて一番の白湯は、なるべくゆっくり15分程度かけて飲むのがポイント。

 

水分補給だけではなく、起き抜けの体を温める効果や、便通を促す効果や血液をサラサラにする効果があるといわれています。

食事前に飲む白湯の効果

食事
congerdesign / Pixabay

食事前に飲む白湯は、その後にいただく食物の消化吸収を促してくれます。内臓が温められるので働きが活発になり、胃腸の消化吸収能力も高まるためです。

 

飲んでから30分ほど経ったときが、食事を始めるベストタイミングです。白湯で薄まった胃液も元に戻り、スムーズに消化が進み、腸からの栄養吸収もしやすくなっています。

 

さらに、脳の満腹中枢も刺激されるため、食べ過ぎを防げるといううれしいオマケもあります! 食事30分前の白湯でダイエットにつながることも期待できます。

夜寝る前に飲む白湯の効果

おやすみ 夜
Bess-Hamiti / Pixabay

深い睡眠を得るためには、寝ている間の体温を下げる必要があります。身体の深部の温度を下げることで脳のリラックスも促され、質の高い睡眠になるのです。

 

深部体温を下げるには、まず身体の温度を一旦上げるのが効果的なので、お風呂につかるのも有効です。しかし白湯を飲むことで、それと同じような効果を得られます。ただし、上がった体温が下がるのにはある程度の時間がかかります。

 

なので眠る直前ではなく、就寝の2時間ほど前に白湯を飲むことが心地よく深く眠るためのコツです。静かな音楽を聴いたり、読書をしたり、アロマをたいたりしながら、ゆっくりと過ごしてください。

 

【オススメ】痩せたいなら、ダイエットドリンクを飲もう

ぶっちゃけ痩せる飲みもの「白湯」だけではありません。

僕は白湯も飲みつつ、他の飲み物もたくさん飲んでいます。

 

わっち
特にオススメしたいのが「お茶」と「ブラックコーヒー」です。どちらも痩せる効果◎で、他にもいい効果がたくさんあるから。

 

また「飲むと太りやすくなる飲み物」もあるって、知っていましたか?

せっかくなら、痩せる飲み物を飲んでみてください。

 

関連記事

痩せるために、何を避けるべき? どんな飲み物がオススメ? ダイエットで気をつけるべき飲み物って何? そんな想いに応えます。突然ですが、あなたは「ダイエット中にしっかり水分補給」できていま[…]

【決定版】痩せる飲み物7選!【ダイエットにオススメなドリンク】
関連広告
白湯 hot 水
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。