【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
【テストステロン効果がスゴイ】筋肉を増やす9の方法!

【テストステロン効果がスゴイ】筋肉を増やす9の方法!

テストステロン。

男性ホルモンの一つです。

っていうのは、知ってる人が多いと思います。

 

ぶっちゃけ、テストステロン増やしたらどうなるの?

本当に、モテるようになるの?

 

今回はそんな想いに応えます。

テストステロンは、増やせる。

「テストステロン」増やすとどうなる?→僕は人生、変わった。

はじめに結論を書いてしまうと、テストステロンを増やすと本当に人生が変わります。

 

僕が体験した経験↓

  1. 筋肉がつき、自分の体に自信がつく
  2. 自信があるから、振る舞いや言動に余裕が出る
  3. 余裕があるから、異性にモテるようになる
  4. 異性にモテるようになると同時に、仕事の成果も上がりだす
  5. テストステロン、スゴイ。もっと増やそう!(←今ココ)

 

僕は今、こんな無限ループに入っています。

僕がやったことと同じことをやれば、あなたも僕と同じような経験ができます。

テストステロンとは

まずはじめに、簡単に「テストステロン」を紹介するとこんな感じ↓です。

 

  • 性欲をアップさせる
  • 集中力がアップする
  • やる気がアップす
  • 筋肉を増やすやすくなる
  • 健康になる&痩せやすくなる
  • ポジティブ思考になる
  • 若々しくいられる(アンチエイジング)

 

ざっとこんな感じです。

わっち
ぶっちゃけ、テストステロン増やしだけで、こんなになるの?って、思いますよね。

 

僕も、はじめはそう感じていました。

でも、これがガチで起こります。

テストステロンで、悪いことが減る

僕が「テストステロンを増やす努力」をしてから、減ったことが下記です。

 

  • 将来などの漠然とした不安
  • やる気が全く出ない、何もしたくない感情
  • なかなか寝付けない
  • 好きなものを食べても、太らなくなった
  • 疲れにくくなった

 

ぶっちゃけ、いいことだらけです。

テストステロン「減る」と起こる悲劇

逆にテストステロンを増やすことを石井kしないと、下記のような

 

テストステロンが減少すると↓

  • 疲労感や倦怠感
  • 性欲などの男性機能低下
  • 不眠や腰痛、肩こり

 

などの症状を感じるようになります。

【なぜ?】テストステロンが減少する「4つ」の理由

こんな大切なテストステロンですが、何もしないと減ってしまいます。

それだけでなく、テストステロンの減少スピードを早める要因もあります。

 

その主な原因は、下記の4つです↓

 

テストステロンが減少する要因↓

  1. 年齢による衰え(加齢)
  2. 食生活の乱れ(食事)
  3. 運動不足
  4. ストレス

 

下記で詳しくみていきます。

筋肉は使わないと、どんどん減る!

  • 20歳を過ぎると、筋肉は年0.5%ずつ減っていく
  • 40歳になると、20歳時の9割程度になる

 

テストステロンは、何もしなければ20代をピークにどんどん減っていきます。

 

また普段から偏った食事(栄養バランスが悪い)や、運動不足の人、ストレスが多い人も同様に、テストステロンの分泌が減ってしまいます。

普段から忙しくコンビニで済ませたり、デスクワークしてる人は要注意です。

「テストステロン」のスゴイ効果

冒頭でも少し触れましたが、詳しく解説していきます。

 

僕が感じたテストステロン効果↓

  • 筋肉がつきやすくなる
  • かっこよくなれる
  • モテる
  • 目つき・顔つきが変わる
  • スタイルが良くなる(痩せる)
  • やる気の向上
  • 仕事のパフォーマンスup
  • 自信がつく
  • 積極的・ポジティブになる



テストステロンによって、上記のことが研究で証明されています。

ちなみに、世界の成功している社長や経営者に、マッチョが多いと言われています。

それもこの「テストステロン」が、大きく関与しているからとのこと。

 

  • 仕事のモチベーションが下がっている
  • 疲れやすくなってきた
  • 不安や憂鬱感を感じやすい

 

なんて人は筋トレをして、テストステロンを増やしてみて下さい。

「何を食べるか?」は、あなたが思っている以上に心身の健康に大きな影響を与えています。

いい食事は、いい体を作るだけでなく、心も健康にさせます。

テストステロンを増やす「9つ」の方法

  1. 「筋トレ」をする
  2. 「タンパク質」を食べる
  3. 「睡眠不足」にならない
  4. 「お酒」を飲みすぎない
  5. 「体脂肪」を減らす
  6. 「亜鉛・マグネシウム・ビタミン」をとる
  7. 「糖質」を取りすぎない
  8. 「太陽の光」を浴びる
  9. 「過度なトレーニング」を避ける

 

下記で詳しくみていきます。

【筋トレ】テストステロンを増やす方法

筋肉は少し動かさないだけで、すぐ分解されてしまいます。

そこで筋トレです。

筋トレをすることで男性ホルモンの一種である、テストステロンが分泌されます。

 

筋トレなどの無酸素運動における最大のメリットは「テストステロン」が分泌されることだと思ってます。

男性ホルモンであるテストステロンは、筋肉や骨を強化するといった効果があります。

このテストステロンは、筋肉をより付きやすくしてくれる効果があります。

 

女性・高齢者にも「筋トレ」がオススメ

女性や高齢者の方にも、筋トレは大事。

女性の7割の方は、冷え性の悩みを持っています。

しかし「冷え性」の主な原因は、筋肉量が少ないこと。

 

筋肉量が少ないと、基礎代謝も少なくなります。

基礎代謝が少ないと、太りやすくなってしまう。

そのため冷え性のためだけでなく、筋肉量には気をつけたいところです。

 

ダイエットに成功したいなら、筋肉をつけて基礎代謝を高めることが必要。

 

いきなり、激しい運動は必要ない

とはいえ、激しい運動はオススメしません。

今まで運動をしてこなかった人が、いきなり激しい運動をすれば、怪我をしやすいです。

なので、急に「キツイ運動」をする必要はありません。

 

普段エレベーターを使っていたところを、階段に変えるだけでいい。

とにかく駅でもオフィスでも、なるべく階段で上り下りするようにしてみてください。

 

ながら運動も効果的。テレビを見ながら、スクワットや腹筋・腕立てなと、

関連記事

痩せたいけど、運動する時間ない 忙しすぎて、運動どころじゃない 運動しようと思っても、長続きしない そんな想いに応えます。 仕事や遊びで、忙しい現代人。運動する時間って[…]

【オススメ】ながら運動で痩せる7つの「おうちエクササイズ」【簡単】

【たんぱく質】テストステロン

一般的にタンパク質は、筋肉を育てる上で欠かせない食品というイメージの人が多いと思います。

 

でも筋肉だけではなく、精神的にもとても良い食品。

感情を安定させる働きを持つ「セロトニン」という物質が少なると、うつや不安・パニックなどの症状か起こりやすくなります。

 

何もしないと、セロトニンは年々減少してしまいます。

運動不足もまた、セロトニンの生成量の低下につながる原因です。

逆に運動量を増やせば、セロトニンの生成量は増えます。

 

セロトニンは「朝散歩」でも増やせるので、並行してやってみましょう。

関連記事

最近、イライラする やる気が出ない なんか、モヤモヤする こんな経験、ありませんか?それ、ぜんぶ「セロトニン」のせい。 今回やって欲しいことは「2つ」だけ![…]

【10分で変わる】朝活「ウォーキング」ダイエット!【散歩効果】

【睡眠をしっかりとる】

睡眠時間が足りてない・・・という人は要注意です。

なぜなら、しっかり寝ないとテストステロンが増えないから。

 

十分な睡眠を取ること、規則正しい生活リズムを心がけましょう。

 

アメリカの「オレゴン州立大学」の研究で下記のことがわかっています。

 

1週間で合計「250分の運動」を行うことにより・・・↓

  • 睡眠の質が、65%改善
  • 日中の眠気は、65%減少
  • 日中の疲労感や集中力が、40%改善

 

1回、20分程度の運動(早歩き)で、OKです。

30〜60分の中強度の運動を、週2回以上行うのがオススメ

【飲酒】過度なアルコールを避ける

飲み過ぎも、テストステロンを少なくする悪い習慣です。

 

 

関連記事

お酒を飲むと太る 本気で筋肉つけたいなら、禁酒せよ ダイエットしたいなら、お酒はほどほどに こんなこと、聞いたことありませんか?たぶん多くの人が、「ダイエットや筋肉をつけたいなら、お酒は[…]

【アルコールOK】お酒飲んでも痩せる方法!【筋トレ×ダイエット】

 

【体脂肪】

お腹が出ている・・・と言うのも、テストステロンが減少してします。

 

【栄養バランス】亜鉛・マグネシウム・ビタミンを摂取する

 

糖質を取り過ぎない

激しい運動は、多くに人にマイナス

ハイリスクなスポーツ『ランニングも含む)は、仕事や生活の質を必ずしも上げることはない。

むしろ週3回以上走る人の80%は、年間を通して見れば必ずどこか怪我をしている。

 

  • 週一回、全速力で走る。
  • 有酸素運動は「早歩き」程度が効果的

 

トレーニングで効果的なのは、低強度のトレーニングとたまに全力のハードなトレーニングを組み合わせることです。

 

おすすめは30分〜1時間の低強度の有酸素運動(早歩きのウォーキング、ハイキング、自転車こぎ」をすること。週2〜3回程度でOK。

毎日20ぷんほどの散歩でも効果ある

ギャラップ社の「健康および生活満足度指標」によると、少なくとも週に2回運動する人は、そうでない人よりも、幸せだと感じる割合が高く、ストレスを感じる割合が低い。

座りすぎは、とにかく体に悪い

運動の効果は、座りすぎで帳消しになる

 

筋肉を鍛えれば、

  • 賢くなる
  • 若返る
  • しあわせになる。

 

関連広告
【テストステロン効果がスゴイ】筋肉を増やす9の方法!
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。