【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
【ダイエット】痩せたいなら「無酸素運動」がオススメ【簡単】

【ダイエット】痩せたいなら「無酸素運動」がオススメ【簡単】

  • 無酸素運動って、どんな効果ある?
  • 無酸素運動のメリットは?
  • 効率的に痩せるやり方を知りたい

 

そんな想いに応えます。

さて先日、下記のツイートをしました↓

 

痩せるためには何よりも「食事のコントロール」が大切です。でも同時に運動、特に無酸素運動をすることもオススメ。今回は、その理由と効果を詳しく見ていきます。

 

【経験談】無酸素運動で痩せるやり方とトレーニング

【ダイエット】痩せたいなら「無酸素運動」がオススメ【簡単】

わっち
今回の記事で1番伝えたいことは「痩せたいなら、無酸素運動をしよう」ということです。

 

ダイエットで無酸素運動をやる理由!

ダイエットするときに「無酸素運動を一緒にやる理由」は、以下のメリットがあるからです。

 

運動のメリット↓

  • 健康になれる
  • 綺麗なスタイルをキープできる
  • リバウンドしない

 

逆にいうと、ダイエットするときに運動をしないと「不健康になる・綺麗なスタイルになれない・リバウンドする」ということです。

 

僕は「運動しないダイエット」で失敗した

わっち
僕は以前ダイエットの際に運動を全くせず、食事だけのダイエットで失敗した経験があります。

 

一時的に痩せることはできましたが、リバウンドしてしまったのです。その時をことを簡単に説明すると、以下のような感じです。

 

僕の運動なしダイエットの経過↓

  • 最初1ヶ月で3キロ痩せる
  • その後、体重落ちず、停滞する
  • 食べられないストレス&仕事のストレスで爆発
  • 食べてリバウンド。むしろ前より太る。

 

こんな状況になりました。ダイエットしたいなら、運動は重要です。

 

でも「運動しなくても、痩せられた」という話が、たまにネットなどで書かれていることがあります。

 

運動しなくても、痩せられる?

答えは「短期的にはYES。でも中長期的には、NO」です。

 

なぜ運動しないと、痩せられない?

結論から言うと、短期間であれば運動をしなくても痩せられます。でもそれは、長くは続きません。いつか必ず、リバウンドするからです。

 

なぜ、痩せられない?・・・食べることを減らして、痩せると体は生命の危機を感じて「省エネモード」になってしまう。すると今までよりも代謝が落ちて、少し食べただけでも太りやすくなる。

 

もう一度言いますが「短期間」であれば、運動しなくても痩せられます。でもあなたが目指しているのは、いつまでもスタイル良くてキラキラした人になることですよね。

 

であれば、運動は必須です。食べないダイエットは、ストレスがたまります。何よりも「おいしいものを我慢する人生」は、楽しくないです。そこでオススメの方法が、無酸素運動を組み入れることです。

 

ダイエット成功する無酸素運動の「種類」は?

無酸素運動は、筋力トレーニングなど短時間に筋肉を使う運動のことをいいます。無酸素の種類は、主に以下のような感じです。

 

無酸素運運動の種類↓

  • 短距離ダッシュ
  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • 階段昇降(階段ダッシュ)

 

無酸素運動とは・・・「運動中に呼吸をしない」ということではありません。筋肉を収縮させるエネルギーを、酸素を消費せずに作り出す運動のことです。

 

筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)を原料として使うため、痩せる効果も高いです。

 

無酸素運動をする時間は、短くてOK

無酸素運動は、長時間やる必要なしです。無酸素運動のメリットは、短時間で疲れやすい高強度な運動であること。

 

短時間しかできないため、運動中の消費カロリーは意外と少ないです。それでも無酸素運動を僕がオススメする理由は、基礎代謝が高まるから。

 

基礎代謝とは・・・安静時にも消費される最小のエネルギーのこと。基礎代謝の50%以上が、全身の筋肉で消費される。そのため筋肉を鍛えられる無酸素運動は、ダイエット効果が高くなる。

 

基礎代謝は何もしていないときにも、生きていくために消費するエネルギー。内臓や脳の活動のほか、筋肉の消費に使われます。寝ていてもゴロゴロしていても、ガンガン脂肪を燃やしてくれる体になるので「痩せ体質」になれます。

 

基礎代謝が上がると・・・↓

  • 脂肪燃焼効果アップ
  • リバウンドしにくい体になる

 

筋肉トレーニングで、筋肉を増やす。筋肉を増やすことは、基礎代謝量をアップさせる。安静時にも、体脂肪を燃やしてくれるので痩せ体質にもなれます。

 

無酸素運動の2つのダイエット効果!

無酸素運動のいいところは、以下の2つです。

  1. 成長ホルモンの分泌
  2. アフターバーン効果

 

成長ホルモンの分泌で、脂肪が燃える

筋トレなどの無酸素運動をすることで、成長ホルモンも分泌されます。

 

成長ホルモンには「代謝を高める効果」があり、より多くの脂肪を燃やすことができるようになります。

 

アフターバーン効果で、痩せる

わっち
アフターバーン(after burn)効果とは、運動した後に普段よりも脂肪燃焼効果が高まる状態のことです。

 

運動した後に疲労回復するために、体の中では多くの酸素を消費します。その超回復の過程で、代謝が活性化し、筋肉も大きくなる。だからより痩せやすくなるのです。

 

無酸素を組み入れることで、食事だけのダイエットでは得られない2つの痩せる効果を得られます。

無酸素運動と有酸素運動

無酸素運動の他に、有酸素運動があります。たとえば、以下のような運動のことです。

 

  • ランニング
  • ジョギング、散歩
  • 水泳

 

有酸素の場合、20分以上続けると、脂肪がエネルギーとしてより多く使われます。実際には20分たたなくても、脂肪燃焼効果はあります。なので短時間しか運動できなくても、ダイエット効果はあるので安心してください。

 

関連記事

有酸素運動の効果を知りたい 有酸素運動は、痩せる? 有酸素運動のポイントは? そんな想いに応えます。さて、先日下記のツイートをしました↓「有酸素運動」のスゴイ効果✍[…]

【コツ】有酸素運動で痩せる方法は?【効果的なダイエット】

 

【順番】無酸素→有酸素がオススメ

痩せたいなら「有酸素と無酸素」を組み合わせることがオススメです。なぜなら、ダイエット効率が高まるから。

 

有酸素ではまず糖質が使われる。そうして糖質が枯渇した後に、脂肪燃焼が始まります。この順番から有酸素は、運動の20分後に脂肪が燃焼され始めるといわれています。

 

このときに最初に無酸素運動(筋トレなど)をやると、無酸素で糖質を使います。なので無酸素の後に有酸素をすれば、すぐに糖質が枯渇し「脂肪燃焼効果」を得られる。つまりより大きな「ダイエット効果」を得られるということです。

 

有酸素運動で筋肉を落とさない方法

わっち
有酸素は週に1〜2回で十分です。

 

理由は「有酸素のやり過ぎ」は、筋肉の減少につながるから。なので、やり過ぎは注意です。

 

まずは「軽い運動」から始めよう

最後にまとめると、痩せたいなら運動が必須ということです。とはいえ今まで運動の習慣がなかった人が、いきなり毎日運動しようと思っても続きません。

 

なのでまずは、簡単で軽い運動から始めるのがオススメです下記でまとめています↓

関連記事

痩せたいけど、運動する時間ない 忙しすぎて、運動どころじゃない 運動しようと思っても、長続きしない そんな想いに応えます。 仕事や遊びで、忙しい現代人。運動する時間って[…]

【オススメ】ながら運動で痩せる7つの「おうちエクササイズ」【簡単】

 

少しづつ運動習慣を作っていきましょう。

大丈夫、僕と一緒に頑張っていきましょう♪

関連広告
【ダイエット】痩せたいなら「無酸素運動」がオススメ【簡単】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。