学生ブロガー×ミニマリスト×人生「幸福」応援人
【睡眠は「最強」のダイエット術】よく寝て痩せるコツ!【寝不足は太る】

【睡眠は「最強」のダイエット術】よく寝て痩せるコツ!【寝不足は太る】

  • 仕事が定時で終わらない
  • 仕事のミスが多い
  • 会社になかなか評価されない

 

こんな悩みに応えます。

さて、先日下記のツイートをしました↓

 

この記事では、上記を深掘りします。

サクッと読んで、今日から人生をもっとハッピーにして行きましょう♪

【睡眠不足で太る?】眠らないと「太る」って、本当?

わっち

結論から言うと、睡眠時間が短いと「4倍太りやすく」なります。

 

生活習慣を整えることで、脳のパフォーマンスは高めることができます。

特に睡眠によって、仕事のパフォーマンスを圧倒的に高めることができようになります。

 

でもそれだけじゃなくて、睡眠はダイエットにもなるって知っていましたか?

 

生活習慣を見直すことは、いわば「最強の仕事術であり、ダイエット術」です。

たった1週間でも変化を実感できます。

 

痩せる「5つ」の生活習慣!

痩せる習慣↓

  1. しっかり睡眠
  2. 定期的に運動する
  3. 栄養のある食事
  4. お酒を減らす
  5. ストレス解消する

 

の5つです。

この記事では「睡眠」を詳しく見ていきます。

 

関連記事

お酒を飲むと太る 本気で筋肉つけたいなら、禁酒せよ ダイエットしたいなら、お酒はほどほどに   こんなこと、聞いたことありませんか? たぶん多くの人が、「ダイエットや筋肉をつけたいなら、お酒は[…]

【アルコールOK】お酒飲んでも痩せる方法!【筋トレ×ダイエット】

「6時間」以下は、睡眠不足!

体が睡眠不足だと感じるボーダーラインは、5時間です。

 

「睡眠時間が、5時間くらいだ」という人は、ほぼ間違いなく睡眠不足です。

とはいえ、5時間は最低ライン。

 

むしろ6時間睡眠でも、睡眠不足です。

でも「なんで睡眠不足が、そこまで問題なの?」って感じますよね。

×睡眠不足のデメリット

わっち
睡眠不足を解消すべき理由は「睡眠不足の状態は、いいことが1つもないから」です。

 

睡眠不足が続くと↓

  • ミスも増える
  • ストレスを感じやすくなり、イライラする
  • 疲れて、やる気が出なくなる

 

など、ネガティブなことばかり。他にも↓

×睡眠不足だと「病気になる&寿命が縮む」

睡眠不足は、

  • 病気になりやすくなる
  • 寿命が縮む

 

上記2つの状態に、なりやすくなります。

睡眠不足は、ほとんどすべての生活習慣病のリスクを高めるのです。

 

寝不足だと、うつ病や認知症などの「メンタル疾患」のリスクも高めてしまう。

逆に十分な睡眠を取ることで、ほとんどすべての「生活習慣病とメンタル疾患の予防」につなげることができます。

 

×睡眠不足は、仕事のパフォーマンスを低下させる

睡眠時間が足りていないと、日中のパフォーマンス低下にもつながります。

 

ある研究によると、下記のことがわかっています。

  • 「6時間睡眠を14日間続けると、48時間徹夜と同程度の認知機能になる」
  • 「6時間睡眠を10日間続けただけで、24時間徹夜と、同程度の認知機能になる」

 

恐ろしいですよね。

上記は具体的には、日本酒を1合飲んだときの酔っ払い状態で仕事をしているようなもの。

 

そんな人が仕事できるわけないですね。

これこそが「眠ることが、究極の仕事術」と言われる理由です。

どんな仕事や自己投資よりも、優先して睡眠時間を確保しましょう。



睡眠不足のような乱れた生活習慣の人は、本来持っている能力の半分も発揮できていないと言われています。

それって、シンプルにもったいないですよね。

 

でも「生活習慣の改善」を行うことで、あなたの仕事力や生活の満足度もアップします。

だからこそ、改善したい睡眠不足。

じゃ、何時間寝るのが1番いいの?

 

◎【最適な時間】睡眠は「7時間」がベスト!

わっち
結論から言うと、理想の睡眠時間は「7時間」です。

 

アメリカ「カリフォルニア大学」の研究によれば、最も死亡率が低い7時間睡眠ということが、研究からわかっています。

とはいえ、寝過ぎもNGです。

7時間よりも多く眠っている人は、死亡率が上がってしまうからです。

【衝撃】睡眠不足は、4倍太りやすくなる!

  • いつもダイエットしてるけど、全然痩せられない
  • ダイエットしてるのに、太った

 

なんてこと、ありませんか?

「自分はなんて、意思力が弱いんだ」と、考えたことがある人も多いはず。

 

あなたがダイエットに失敗するのは「意思が弱いから」ではありません。

でも実はそれ、睡眠不足の影響も大きいと思います。

【太る原因】睡眠不足で「食欲が暴走」する!

わっち
結論から言うと「睡眠不足は、人を太りやすく」させます。

睡眠不足の状態の人は、通常の人の「4倍も太りやすい」と言われてます。

 

睡眠不足になると、

  • 食欲を抑制するホルモンのレプチンが減る
  • 食欲を増進させるホルモンのグレリンが増える

 

このホルモンの変化によって、睡眠不足じゃない人よりも、食欲が25%アップに匹敵するのです。

つまり睡眠不足になると「食べたい」という衝動が強まり、食欲を抑える働きが弱まるのです。

 

太りやすくなる理由↓

  • 起きて活動する時間が長いと、体はエネルギーを蓄えようとする。
  • 「食欲増進ホルモン」が増える。
  • 「食欲を抑える働きが、鈍る。

痩せたいなら、とにかく7時間寝よう!

ダイエットを成功させたいなら、質の良い睡眠を「7時間以上取る」ことを意識しましょう

 

どんなに忙しくても、6時間睡眠は死守するようにしてください。

 

健康でパフォーマンスよく、仕事や勉強をしたい人は、7時間以上寝て下さい。

やせたいなら、7時間睡眠が必要です。

睡眠の「質と量」は、どっちが大切?

睡眠の大切さは、わかった。

でも睡眠の「質と量」どっちが、重要なの?

 

わっち
結論から言うと、睡眠は「質と量の両方が大切」です。残念ながら、どちらかだけではNGです。

 

まずは「質の改善」から取り組みましょう。

 

睡眠の質を改善すると・・・

  • 日中の集中力
  • 記憶力up
  • 仕事のパフォーマンスup

 

などの改善を実感できるになります。

【痩せる方法】よく眠り、痩せよう【睡眠改善】

ぐっすり眠ることが、ダイエットに繋がると言うことがわかったと思います。

さっそく、熟睡する方法とコツを見て行きましょう。

 

昼間しっかり動く。夜はリラックスする。

わっち

生活習慣の改善をする方法はカンタンです。昼はバリバリ活動して、夜はリラックスすること。この2つを意識するだけです。

 

それと同時に、下記の2つ↓を意識できれば◎

  1. 睡眠に悪い生活習慣を減らす
  2. 熟睡につながることを増やす

 

睡眠に悪い習慣↓

  • 寝る前2時間以内のブルーライトを減らす
  • 過度な飲酒をやめる
  • 寝る2時間前までに夕食を食べ終える

 

逆に寝る2時間前はリラックスしてのんびり過ごすことがオススメ。

入浴や読書、好きな音楽を聞くなどなど「自分がリラックス」できる時間を作ってみてください。

 

関連記事

寝不足気味 何時間寝るのが、正解?     現代人の一番お悩み、睡眠不足。 忙しいいと、つい夜更かししがち。 でも睡眠を犠牲にすると、大きな代償を払うことになるって、知っていま[…]

【今日から熟睡!】睡眠不足は「5つのコツ」で解消OK!【方法と対策】

 

「朝、散歩」しよう

朝の散歩もオススメです。朝散歩して、日光を浴びる。

するとセロトニンが活性化し、体内時計をリセットできます。

すると、夜自然と眠くなり熟睡できるようになります。

 

昼間バリバリと活動する。

そして、夜はリラックスする。

 

これが睡眠の質の改善に大きくつながります。



関連記事

どうしても痩せない 今度こそ、本気で痩せる 三日坊主で続かない   ダイエットって「ある期間だけすればいい」って、思ってませんか?   もし、あなたがそう思っていたなら痩せない[…]

【ガチで痩せる】7つの習慣で成功するダイエットルーティン!




圧倒的成果を誇る【RIZAP】

 

ダイエットを頑張ってきたけれど、全然痩せない

結局、リバウンドしちゃう

 

そんな悩み、もうサヨナラしたいですよね。そんな時は、プロに無料で相談しましょう。

ライザップなら、30日間「全額返金」保証付きで安心です。

 

30日間無条件全額返金保証/ライザップ

公式HP👆

関連広告
【睡眠は「最強」のダイエット術】よく寝て痩せるコツ!【寝不足は太る】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。 言葉の力で、人生を変える。