学生ブロガー×ミニマリスト×人生「幸福」応援人
早起きの効果が凄すぎた。早起きで人生は9割変わる!『スゴイ早起き』から学ぶコツ、メリット

【早起きで人生、9割変わる】早起きの効果が凄すぎた。カンタンにできるコツ!

あなたは早起きできる人ですか?

  • 「早起きしたい」
  • 「早起きできる人のなりたい」
  • 「でも布団から出たくない」
  • 「もうちょっと寝ていたい」

 

そんな悩みを徹底的に解消します。「朝辛くて起きられなかった僕が、下記のようになれた方法」を書きました。

  • 毎朝、4時起き!(早寝早起き)
  • 目覚まし時計なしで、最高の目覚め!
  • 朝の充実した時間で、最高のパフォーマンス!

 

ぶっちゃけ「早起きはコツが9割」です。

この記事では主に以下の3つについて詳しく書いています。

  • 早起きがもたらす、驚くべき効果
  • 早起き成功の秘訣!
  • 朝の習慣が、人生を変える!

 

「朝が辛い」とサヨナラする方法を紹介します♪

 

広告

【お手軽】早起きの「コツ」はシンプル!

僕も以前、朝早く起きて勉強しようと、早起きに挑戦し失敗した経験があります。全く早起きできず、そんな自分に嫌気が指すという悪循環。そんな悪循環から抜け出そうと、自分なりに試行錯誤した結果、早起きして勉強し、人生を変えることに成功しました。

 

楽しく、早起きできる方法を紹介します。

【最強の習慣】早起きのメリット!

  • 現状を変えたい。
  • もっと、いい人生にしたい。
  • たくさん成長して、社会貢献したい
  • お金がもっと欲しい。
  • 楽しいこと、たくさんしたい。

 

そんなことを考えている方にとって早起きほど、絶大な効果はありません。起きる時間を変えるだけで、見える景色が大きく変わることを実感することが出来ると思います。まず、早起きが定着すると1日が長く感じられます

 

朝の時間は贅沢で、ゆったりとした時間が流れています。でもバタバタ追われる生活では、それらは感じられません。早起きするから、ゆとりがあり豊かな生活へ変わるのです。

 

 

  1. 早起きで、朝の時間の使い方が変わる。
  2. 朝が変われば、1日が変わる。
  3. 1日が変われば、人生が変わる!

 

これは冗談で言っているのではありません。実際に僕が痛感したことであります。

 

早起きできる人、できない人の違い

そもそも、早起きできる人とできない人の違いはあるのでしょうか?

 

僕が早起きできる前と、早起きが習慣になった前後での違いは、早起きに対する考え方の違いがあります。早起きが出来ない人は「つらいけど、早起きしなくちゃ」という意識がある人です。

 

人は自分以外の要因から、決められることに対して、反発する傾向があります。

  • 何かをやらなくてはいけない
  • 人から強制されたもの

 

上記のことをやりたいと考える人は少ないでしょう。早起きも同じです。早起きしなくちゃと思うから、余計に出来なくなってしまうのです。なのでまずは、早起きしなくちゃという感情や意識をまず消す必要があります。

 

【1番いい早起きの方法】デキる人をマネすること!

あなたが「スポーツでうまくなりたい」と思った時は、どうしていますか?

 

多くの人は上手な人を観察して、ちょっとずつ「マネする」ところから始めると思います。監督やコーチ、上手な友達に教えてもらったり、動画を見て学ぶでしょう。実は、早起きもこれと同じです。

 

早起きできる人になるには、早起きが習慣になっている人の考え方を真似すればいいのです。何事も初めはマネが手っ取り早い。「学ぶ」の語源は「まねぶ」。真似こそが学ぶことの一番の近道なのです。

 

「早起きが習慣」になった、僕の考え方

ズバリ、朝起きて自分が楽しいこと、好きなことをする時間を作るだけです。本当にこれだけで、早起きできるようになりました。巷には、たくさんの「早起き術」がありますが、これが1番簡単で、強力な早起きの習慣になります。

 

僕の場合・・・

  • 明日の朝は、買ってきた本を読みたい!
  • コーヒーを飲みたい!
  • 大好きなアイスを食べたい!
  • 音楽を聴いて、朝からノリノリになりたい!
  • 好きなアニメや映画を見よう!

 

つまり、「早起きすると楽しい」と思える状況を自発的に作ってしまうのです。人は幸せを感じる報酬があると、つい長続きしてしまうもの。SNSは、「いいね」という報酬があるからこそ、続くものです。これを早起きにも応用してしまいましょう。

 

例えば、僕はコーヒーが好きなのですが、夜飲むと眠れなくなって次の日が辛くなってしまいます。でもコーヒーを飲みたい。だったら、「早起きして朝からゆったりと、贅沢にコーヒーを飲もう」と考えることにしました。すると多少辛くても、本当起きられるようになります。

 

なので僕は、朝早く起きて「カフェのモーニング」に行くことにしています。それがめちゃめちゃ楽しみで、毎朝ワクワクして起きます(笑)それに多くのお店で「モーニングメニュー」は昼間や夜に利用するのに比べて。とってもコスパもいいですし、お得です!

 

なので下記のような方は、僕と似ているのでこの方法「超オススメ」です!笑

  • コーヒー大好き
  • カフェ好き
  • ゆったりした時間が、超好き
  • 贅沢な時間が、たまらない!

 

ぶっちゃけ「自分ならではの楽しみ」さえあれば、余裕で早起きできるようになります。というより「朝が待ち遠しすぎて、起きちゃう」という状態ですね。その状態になれると「人生の質と満足度」が、圧倒的に上がります。

 

  • 自分が本当に好きなことを、朝やる
  • それだけで、自然と早起きできる

 

早起きするには、心の底から「したい」と思える状態になることが大切!

 

早起きして「やりたいことを視覚化」しよう

早起きの習慣が身についている人ほど、早起きを目的にしていません。早起きは手段でしかないのです。ただ早起きだけを目的にしても、それは辛いし続かなくなる原因になります。

 

  • 「ジョギングしたいから早起きしよう!」
  • 「朝ゆっくり、カフェでモーニングしたい!」
  • 「人の少ない朝に、複業したい」

 

こんな感じでいいんです。いやむしろ、こんな感じでないと、ただ辛いだけの早起きになります。朝にやるワクワクや楽しみを持っているからこそ、早起きできるのです。そして早起きが続くようになり習慣にできます。

 

  • ワクワクすることなら、何でもいい!
  • 自分の好きなことを、朝やろう!
  • 「楽しさ」こそが、早起きの秘訣!

朝から自分の心を満たして、最高な毎日にしよう!

 

寝る前に脳のデトックスしよう

早起きのためには、やっぱり「早く寝る」必要があります。十分な睡眠が得られないと、早起きは苦痛になり続きません。それに早起きできたとしても、質の高い作業は行えないでしょう。ちなみに4時起きの僕は、大抵22時には眠くて寝てしまいます(笑)けれども・・・

 

「寝ようと思ってもなかなか寝られない」

 

なんてことありますよね。考え事が邪魔して寝られない、そんな時は「頭の中にある情報のデトックス」を行いましょう。明日やることや、不安、イライラでもいい。とにかく書き出してみるのです。その方法は、日記がおすすめです。

関連記事☞

詳しくはこちらの記事で書いていますので、気になった方はチェックしてみてください。

寝る前にストレッチする

寝る前に「軽くストレッチ」することもおすすめ!

 

体をほぐすことによって、心がリラックスでき、血の巡りもよくなって体が軽くなります。ストレッチによって、心を落ちつかせましょう。すると眠くなりやすくなるのです。夜寝るときから、早起きの準備は始まっているということを覚えておきましょう。

 

寝る前にストレッチすると、

  • リラックスできる
  • 血液循環がよくなる
  • 心が落ち着く

結果的に、眠りやすくなり早起きにつながります。

 

「香り」のいいものを用意する

「朝」大好きな食べ物や飲み物を用意してみましょう

 

香りにはリラックス効果が含まれています。リラックスできると「自然とよし頑張ろう」と思えてきて、さっと行動できるようになります。また脳に「朝だ」という信号を送ることにもつながり、朝からシャキッと出来るでしょう。

 

紅茶やコーヒー香り強いものは、

  • 脳に刺激与える
  • スイッチが入りやすい
  • リラックス効果がある

【プラスα】『すごい早起き』も、超オススメ!

何よりも大切なことは、無理やり起きるのではなく、朝の時間を楽しみにして起きること!つまり、早起きしたいと思えるようになることです。そう思えれば、早起き出来るようになるのも時間の問題です。

 

朝が待ち遠しくなる、楽しみで仕方がないという毎日。そんな毎日になったら、人生が好転していかない方が難しいでしょう。是非、あなたも「朝が楽しみで仕方がない」という人生を送ってみませんか?

 

頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』という塚本亮氏の本もおもしろく大変おすすめです。早起きについてより詳しく知りたいという方は、読んでみてください。

こちらもオススメ!
早起きの効果が凄すぎた。早起きで人生は9割変わる!『スゴイ早起き』から学ぶコツ、メリット
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。 言葉の力で、人生を変える。