【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
僕のおすすめの効果的な勉強方法!

【勉強はコツが9割!】効率的・効果的な勉強方法! 最小の努力・時間でつかみ取る術!

もしあなたがよい成績をとることができたならば、どのような効果が期待できるでしょう。

  • 自分には新しいことを学び、学んだことを活用する能力がある
  • 一定の条件のもとで結果を出せる人間だと示せる

 

[sc name=”contents” ]

思わず勉強がしたくなる!勉強のスゴイ効果

勉強をすることによって、あなたの有能さを第三者へ効果的にアピールすることができるのです!

 

本来、人の有能さを測定するのは勉強以外にもたくさんあります。しかし、現代において人の有能さを測る指標として、「勉強」の比重がとても大きくなっています。それだけで、べ㎜京をやっておく価値はあるのです。

 

言い方を変えれば、勉強でいいスコアを取ることは「あなたのチャンスが広がる」ということです。よい成績はチャンスをもたらしてくれるだけではありません。自信がつき、満足感も得られます。結果、勉強がさらに楽しくなり、意欲がますます高まる

 

カンタンにまとめると「勉強によって得られる効果」は、

  • チャンスが増える
  • あなたの人生の選択肢が増える
  • 自信がつく
  • 満足感や幸福感につながる
  • 学習医薬が高まり、ますます出来るようになる

 

目標達成は、逆算思考が9割!

ゴールの設定は勉強でも仕事でも、とても重要です!なぜなら、目標やゴールが明確であると進むべき方向が定まり、以下のようなメリットがあります。

 

  1. 突き進む力が生まれる
  2. 集中力が高まる
  3. 日々の生活のなかで、正しい選択ができるようになる

 

それに理想と現実を埋めるために、必要な考え方ができるようになるからです。

  • 今、何をやればいいのか
  • 今後、どのようなことをしていくべきか

 

これらを考えられるようになるか、ならないかでは目標達成の確立に大きな差が生まれます。

 

まず、目標の設定が大切です。なるべく具体的にしましょう。たとえば、

  • 〇〇大に現役合格!
  • TOEIC730点を1年後に取る!

 

目標や夢を具体的にすることで、どのような方法が必要かが分かるのです。

  1. やるべきことを書き出す
  2. 優先順位をつける
  3. 時間配分をきめる
  4. 計画通りにこなしていく

 

目標は具体的である」ことが重要です。

 

具体的なもの」は、明確にシンプルに設定しましょう。

  1. 測定可能なもの(結果が測定できる形にする
  2. 意欲的なもの(簡単すぎず、さらに上をめざすものに設定することが大切)
  3. 現実的なもの(物理的に可能な内容にし、苦しむほど厳しいものは選ばないようにする)
  4. 期限を決める(達成するべき期限をはっきり設定する)

 

小さなことでも今日始める

毎日、1.01倍で成長することを考えましょう。

 

 

スキマ時間を大切にする

ちょっとした時間の使い方で差がつく!

1日たった20分でも、3日で1時間分!

 

やらないことをきめる

 

自分を信じる

私たちがときに行き詰まってしまうのは、自分の限界を自分で設定してしまっていることが多いから。しかし自分を信じると、驚くようなことが起こるのだと著者はいいます。困難を乗り越える力が強まったり

自己啓発書のベストセラー作家であるナポレオン・ヒルも、我々が知力をもって想像し、信じられることは、すべて達成できるといっています。

 

壁にぶつかると、「この壁を乗り越えた人がたくさんいるのだ。彼らにできたのだから、私にもできる」と自分に言い聞

 

十分な睡眠時間を確保する

眠くて頭がぼんやりしていると、脳が働きません。その状態で学習をしても、記憶に残らないことがほとんどです。

  1. 「10の効率」でダラダラ10時間勉強する(=10×10)
  2. いっそ3時間寝てしまって、頭がスッキリした状態で集中して「20の効率」で7時間勉強する(=20×7)

 

方が圧倒的に効率的です。

 

不安」。たとえば夜中にひとりで勉強しているとき、「受験に失敗したらどうしよう」「勉強が本当につらい」というような不安に襲われることはあるものです。

 

不安自体は人間的なものですが、不安を感じながら勉強すると、眠気と同じように非効率的になってしまうということ。頭のなかが不安でいっぱいになり、勉強している内容がまったく頭に入ってこなくなるわけです。

 

そこで、そのような不安を感じそうになったときも、まずはすぐに寝ることが得策。1回寝て頭をリセットすることで、心配を忘れて勉強できるようになる

 

勉強場所を変えてみる

  • 「今日はいつも以上に、集中力がない」

 

そんな時に試してほしいことが、「場所を変えること」です。

自分自身を変えるのではなく、周囲の環境を変えてみるという発想。

 

「やる気がないな」と思いながら勉強するのがいちばんダメなパターン。なぜなら、情報に対しても受動的になってしまうからです。

 

その一方、やる気に満ちた状態で勉強すると、「すべての情報を理解しよう、覚えよう」と能動的になるため、頭への入り方が格段に違ってくるといいます。

 

つまりは、「やりたくなったらやる、そして眠かったら寝る」のが、もっとも効率のよい最適な勉強のペースだ

 

友だちと勉強することもあるでしょうが、その際に気をつけたいのが「相手のペースで勉強してしまう」という罠。せっかくスケジュールを組んだのに、友だちの苦手科目にばかり集中して取り組んでしまったら、自分の成績が上がりにくくなるわけです。

つまり効率を上げるためには、友だちと協力しつつも、勉強時間を自分のペースで管理することが重要

 

先生になったつもりで勉強する

勉強するにあたっては、「教わるのではなく、自分から勉強をする」という意識を持つことも大切。理由は、「最終的に右派、独学がもっとも効率のよい勉強手段になる」から

 

夏期講習や講義を受けたとしても、結局のところ、自分で学習して理解する時間も取らなければなりません。下手すると、ただ授業を漫然と聞いているだけになってしまう場合もあり、自分で考え、理解する力が身につかない可能性もあります。

 

学習は、インプットだけではなくアウトプットができるようになって初めて完了するもの

本来、勉強は独学でするものなので、まず独学をし、わからなかったところを先生に聞くというやり方が最も効率的

 

おわりに

勉強は「努力の方向さえ間違わなければ」、かけた時間を裏切らない「コストパフォーマンス最強の遊び。勉強はリターンが大きい娯楽であり、勉強できる環境にあるというのは贅沢なことです。

関連広告
僕のおすすめの効果的な勉強方法!
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。