学生ブロガー×ミニマリスト×人生「幸福」応援人
【1分で話せ】簡潔に話す効果・メリット!【短く伝える重要性】

【1分で話せ】簡潔に話す効果・メリット!【短く伝える重要性】

  • 2019-06-03
  • 2019-06-05
  • Sales
  • 「短く分かりやすいプレゼンだったら、あの提案は通っていたかもしれない」
  • 「簡潔に意見できていたら、上司に信頼され出世していたかもしれない」
  • 「ダラダラ話さなければ、大きな契約が決まり人生が変わっていたかもしれない」

 

こんな経験はありませんか?ちょっとした違いで、結果は全く違うことになることだってあります。たとえば、伝わり方の違いだけで。

 

そんなのもったいない。小さくカンタンな「コツ」で、何倍にも伝わり方がアップする方法を紹介します♪

 

こんな人にオススメ!

  • 効果的なプレゼンをしたい人
  • 自分の想いを、相手に100%伝えたい人
  • 「だから何?」と言われたくない人
  • 営業で成果をあげたい人
  • 自分の企画を、もっと通したい人

 

広告

【自分を変える】大事なことだけ、シンプルに伝える技術!【大切なことは要約!】

相手に「分かりやすく、簡潔に、短く」伝えることができれば、あなたは今よりももっと生きやすくなります。正確には「人生が少しずつ、いい方向へ変わっていく」です。

 

SNSやYouTubeなどの動画コンテンツなどにより、日本人総クリエイター時代に突入しました。誰でも、情報発信がカンタンに出来るのです。

 

  • 分かりやすく、短く伝える
  • 自分の思い通りの人生になりやすくなる
  • 人生が少しずつ、いい方向へ変わる!

【結果が変わる】SNSで成果が出せる人・出せない人

伝え方の「コツ」を活用しSNSやネットを駆使すれば、人生を変えることだって出来る素晴らしい時代になりました。とは言え、成果を出せる人と出せない人が生まれるのも事実。その違いは何によるものでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、「コミュニーケーションスキル」です。言い換えれば「話す技術」の違いによるもの。そしてこのスキルは、才能ではありません。

 

誰でも「後から身につけることの出来るスキル」なのです。そして、それはとってもカンタン。つまり、そのスキルを知っているか、いないかで人生は変わってしまうのです。

 

意識すべきポイントは下記⏬の「3つ」です。

  1. 結論(1番伝えたいこと)
  2. 根拠(結論の理由)
  3. たとえば(具体例)

 

極論を言ってしまえば、この3つさえ押さえてしまえば「圧倒的に人生の質」が高まります。下記で詳しくみていきましょう。

【前提】人は他人の話の「80%」は聞いていない

結論から言ってしまうと、大抵の人は相手の話を聞いていません。「いや、そんなことないよ」と感じた方も、自分の日常のことを思い出してみてください。

 

「昼ごはんのこと」を考えていたり「今度の遊びの計画」を立てていたり、「仕事や勉強のこと」などを考えたりしていますよね。そう、意外と人の話を聞いていないのです。

 

だからこそ自分の話を聞いて欲しいなら、まず「みんな人の話の8割は聞いていない」ということからスタートしましょう。

  • 他人は人の話の8割は、聞いていない
  • まずは、他人は人の話の大部分を聞いていないと知る

 

【絶対に必要】コミュニケーションは、人生を変える武器

とはいえ、8割も聞かれていないと知ると、

  • 「プレゼンや会議って本当に必要なの?」
  • 「発表しても、あんまり意味ないな」
  • 「営業で成果なんて、出さないよ」

 

と感じる方もいるかもしれません。しかし相手とのコミュニケーションを、諦めていいわけではありません。学校でも、会社でも生きていく上で、コミュニケーションは非常に重要な要素だからです。

 

成果を最大限に高めるには、自分の主張を相手にしっかりと伝え、理解してもらい、相手に行動してもらう力が大切です。つまり、以下のようになることが目標です。

 

  • 自分の主張をハッキリさせる
  • 相手が理解しやすいトークにする
  • 相手が自分の話を聞き、理解する

 

こうして初めて、相手が納得し行動を起こす可能性が起きるのです。人の話を聞いていない相手に理解してもらい、実際に行動してもらうには、短く端的に伝える力が求められます。そのために必要なのが「1分で伝える力」です。

 

「1分で伝える力」は、TOEICなどの語学やFPなどの国家試験に比べ、遥かにカンタンに手に入れることができるのに、資格試験よりも「圧倒的にいい方向へ人生を変える」ことができます。

 

「1分で伝える」チカラがもたらす効果!

  • コスパ最強!
  • 一生物のスキルである!
  • 人生を切り開ける!

【短く伝えるが9割】1分で人生を変える「話し方」【話が長い=スルーされる】

ここで勘違いしやすいポイントがあります。それは「長く伝えれば伝えるほど、相手に伝わりやすい」という誤解です。たとえば、下記⏬を比べてみて下さい。マクドナルドを例にしてみましょう。

 

 

  1. マクドナルドとは、アメリカ合衆国に本社を置く世界最大のファストチェーンストアです。その商標登録である。英語の発音は「マクドナルズ」。設立は1940年5月15日です。年間15億食に及び、ドライブスルー、宅配、店舗など多様な提供方法があります。また他にも・・・
  2. マクドナルドとは「世界最大のハンバーガー」のお店です。

 

どうでしょう。前者の文章は、ドンドン読み飛ばしてしまいますよね。情報がたくさん溢れている時代に、こんな細かい文章なんて読みません。大半の人がそうでしょう。

 

「話す」ことになるともっと飛ばします。文章だと、パッと目で一瞬は見ますが、話だとそもそも聞くことすらしません。せいぜい、重要そうなポイントだけです。

 

それくらい現代人は、娯楽に溢れ長くて薄い文章や話はキライです。話し下手なら、なおさら相手はウンザリします。それに長いと、結局何を言いたかったのかわからなくなってしまいます。

 

つまり、話が長いと・・・

  • 長くてつまらない話は、キライ
  • ただ話すと、集中力がもたない
  • 結局、何が言いたかったのか分からない

 

【対策は「1分」で話す!】ムダに話が長い人は、嫌われれる!

でも短いと、相手の記憶にはガツンと響きます。そう、短い方が相手の記憶には残りやすいのです。だからこそ、短く伝えることが有効なのです。

 

それに1分でまとまらない話は、結局何時間かけても伝わらないでしょう。相手の集中力も持たない上に、現代人は暇ではないからです。つまり、長いとむしろ伝わらないないので、簡潔に話しましょう。逆に、どんな内容でも1分で伝えることはできます。

 

特に忙しい上司や役員に対しては、むしろ「1分」の方が聞いてくれる確率は高いですね。

 

まとめ⏬

  • 長い話は、相手は聞いていない
  • 短い方が、相手の記憶に残る
  • 端的に述べると、相手によく伝わる

【ゴールが9割】効果的に伝えるコツは、目的にある!

相手に自分の考えや意見を、効果的に伝えたいなら、まずは「伝える目的」をハッキリさせましょう。これがかなり重要なポイントです。

 

つまり、人に何かを伝える前に「何のために伝えるのか」「何を伝えたいのか」を明確にさせるのです。なぜなら、その方が聞き手に「動いてもらいやすくなる」からです。

 

目的が明確でないと、相手は「結局、何が言いたいか分からない」という状態になります。それでは、相手はそもそも理解してくれないし、行動してくれません。言葉を使って、あなたが望むゴールに聞き手を動かしていく。これが重要なのです。

 

【プラスα】さらなる高みを目指す人へ!【人生の質と満足度を上げる方法】

  • 「こんな内容じゃ物足りない」と感じる方
  • もっと、プレゼンが上手くなりたい

 

コミュニケーション術は、知っておいて損なしです。というよりも、知っているだけでなく、ぜひ使いこなしてみてください。使えなければ、人生は変わりません。相手と効果的なコミュニケーションが出来れば、間違いなく「圧倒的に人生の質」は高まります。

 

使いこなして、人生を変えていきましょう♪

こちらもオススメ!

 

【1分で話せ】簡潔に話す効果・メリット!【短く伝える重要性】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。 言葉の力で、人生を変える。