【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
【快眠方法】質の「いい睡眠」をGetするコツ!【濃縮睡眠メソッド】

【快眠方法】質の「いい睡眠」をGetするコツ!【濃縮睡眠メソッド】

  • 寝不足で、ボーッとする
  • 寝ても疲れが取れない。体が重い。
  • 睡眠時間が、十分に取れない

 

そんな想いに応えます。現代人は「睡眠」について悩んでいる人がとても多いと感じます。ぶっちゃけ、9割の人が、朝起きるのが苦痛ですよね。笑

 

何を隠そうこの僕も、以前は朝が本当に苦手でした。起きるのが苦痛で、毎日のように「このまま、ずっと眠っていたい」と思っていました。

 

でも「そんな人生を変えたい」という思いからたくさん学び、そして試行錯誤を繰り返しました。結果的に、そうした行動により、僕は睡眠に関して悩みがほぼなくなったと言っても過言ではありません。

 

睡眠の質が高まり、スッキリ起きることができれば「人生の質と満足度」が圧倒的に高まります。(関連記事はこちら⏬)

 

上記の記事では、僕が「早起きできるようになった方法」や「早起きすることで実際に体験したメリット」などについて書いています。早起きって聞くと、大変そうですよね。

 

でも、コツさえ掴んでしまえは、カンタンです。それに、親起きできると、人生の質と満足度が圧倒的に高まります。気になった方はぜひ、読んで見てくださいね♪

 

今回は「睡眠の悩みをなくす」方法を紹介します。サクッと読んで今日から人生をもっとhappyにしていきましょう♪

 

こんな人にオススメ👇

  • 心地いい眠りにつきたい人
  • 深い眠りにつく方法を知りたい人
  • ダイエットをしている人
  • 睡眠で悩んでいる人

 

【深く眠る方法】夜ぐっすりの快眠テク!【いい睡眠で、人生が変わった話】

「深く眠る方法を知りたい。」そんな思いを持っている人は、世の中にたくさんいると思います。そんな想いを抱えている人が「睡眠の質をあげるため」に意識すべきことは、下記の2つです。

 

  1. 「脳疲労」をリセットすること
  2. 「血の巡り」をよくすること

 

いきなり「脳疲労」なんて言われても、よくわからないですよね。安心してください。下記で詳しく見ていきます⏬。

【不眠の原因】「脳疲労」が、深い眠りをジャマしてる!

脳疲労とは、文字通り脳の疲れのことです。脳疲労の大きな原因は、主に2つあります。それが下記⏬の2つです。

  • 目の疲れ
  • 過度なストレス

 

「脳疲労」は特にデスクワークが中心で、運動の習慣がない人にこそ多く、深刻であることがわかっています。

 

ぶっちゃけ、現代の多くの人がデスクワーク中心の生活ですよね。それに運動する習慣も少ないと思います。つまり、世の中の大半の人が気づいていないだけで、脳疲労は深刻なレベルなのです。

 

ではどうすれば「脳疲労の改善できるのでしょうか。その答えが、こちら👇です。

【熟睡するコツ①】目を温めること!

結論から言ってしまうと、脳疲労をとるには、目を温めることが有効です。そんなこと言われても「え、脳の疲れって目を温めるだけで効くの?」と感じますよね。

 

目を温める▶︎脳疲労が取れる理由⏬

目を温めることで脳疲労が取れる理由はシンプルです。それは目を温めることで血の巡りを良くして、老廃物が流れやすくなるからです。

 

目を温める方法は、家でタオルを「電子レンジでチンする」などの方法があります。目を温めれば、血流が良くなるだけでなく、リラックスすることもできます。それが熟睡に、効果バツグンなのです。

 

他には、最近では使い捨ての「ホットアイマスク」がドラックストアやらコンビニでも買えるので、オススメです。

最近は芸能人の方も多く利用していますよね。僕も旅行の時や電車・飛行機の移動時などによく使っています。使った時に本当に気持ちいい上に、使い終わった後も最高です。毎日「スマホやパソコンとにらめっこしてる」という人には、超オススメです。

 

  • 目の下のクマが気になる
  • まぶたが重い・・・
  • 目がしょぼしょぼする・・・

 

なんて方は、特に効果アリです。これ、ちなみに「定期便」にすると、ドラッグストアなどで買うよりも値段が安くなります。目を温める方法は、カンタンにできるのに効果があるので、ぜひやってみてください。

【熟睡するコツ②】血の巡りを良くしよう

短時間で深い眠りに自然と入る方法があります。それは「リラックスしつつ、いい感じに緩んだ体」にすることです。そんなこと言われても難しそうと感じますが、意識すべきは下記⏬の2つだけです。

 

  • 脳疲労の解消
  • 血液の循環を良くすること

 

ここからは、血液の循環を良くすることを書いていきます。結論から言うと「血液循環をよくするには、体をほぐすこと」です。筋肉が緩むと、血液循環がよくなります。すると副交感神経が優位になり、はやく深く眠れる体になります。

 

そのためには、夜寝る前に軽くストレッチを取り入れてみてください。たとえば、下記⏬のような感じです。

  • ゆっくりストレッチする
  • 肩や首を回して、コリをほぐす

 

たったこれだけで、睡眠の質を高めることができるのでオススメです。この2つを意識するだけで、かなり快眠につなげることができます。

【安眠する方法】不安で眠れないという人へ

「上記2つをやっても、考えこどをしてしまい、夜すぐに寝付けない」という人も多いと思います。そんなときに超効果的な方法があります。

 

それが不安なことを、実際に「紙に書き出す」という方法です。不安があるという状態は、脳にとっていい状態ではありません。

 

そして結果的に、熟睡を妨げることになります。だからこそ、やってほしいことが「不安をアウトプットすること」です。実際に僕もやっていますが、本当に効果アリです。

 

ちなみに僕の場合は、プラスして「日記を書く」ということを行なっています。不安なことだけでなく、その日にあった良かったことも書いて、毎日を「プラスな感情」で締めくくるのです。

 

一度ダマされたと思って、やってみてください。科学的に証明された方法で、本当に効果アリです。詳しくは下記⏬で書いているので、気になった方はCheckしてみて下さい♪

睡眠は「量」ではなく「質」が重要!

睡眠について多くの人が勘違いしていることがあります。それは「睡眠時間の長さ」です。ぶっちゃけ、ムリして長く寝る必要はありません。いい睡眠は、睡眠時間でなく、「質」が重要だからです。

 

たとえ短時間でも、睡眠の質の高ければ疲れは取ることができます。それによって元気になれる上に、高いパフォーマンスを発揮することもできます。

 

いつ寝るかよりも、どれだけはやく深く眠るかが重要てす。長時間寝るより「すぐ熟睡し、深い睡眠が長い」状態がベストです。

 

意識すべきは「寝たらすぐに熟睡モードに入り、深い睡眠時間をできるだけ長くすること」です。まずは「睡眠の質」を高めることに、フォーカスしましょう。

 

睡眠の質が高まると、集中力や仕事の生産性がアップします。そうして収入がUPしたり、より充実した人生になるでしょう。それだけでなく、いい睡眠は「いいメンタル」を作ります。だからこそ、仕事でもプライベートでもいい結果に繋がります。

【+α】睡眠のオススメ本!【濃縮睡眠メソッド】

大切なことは、質のいい睡眠を手に入れて人生を今以上に楽しめるようにすることです。睡眠を制する者は、人生を制することができます。それくらい、睡眠が自分の人生にもたらす影響は大きいです。ぶっちゃけ睡眠対策は、やって損なしの自己投資です。

 

もっと詳しく知りたいという方は、睡眠セラピストの松本美栄氏の著書『濃縮睡眠メソッド』もオススメです。内容もおもしろく、ドンドン読み進めることができます。それにやるべきことが具体的に書かれており、本書を「読んだ日から」睡眠をより良くすることができます。

 

 

最後に、質のいい睡眠をとる最大の敵「ストレス」対策を書いておきます。そんなストレスを「カンタンに、かつ効果的に」解消する方法を知って実践すれば、怖いものなしです。科学的に証明された、効果のある方法なので、ぜひcheckしてみてください♪

 

 

関連広告
【快眠方法】質の「いい睡眠」をGetするコツ!【濃縮睡眠メソッド】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。