【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
【好きなことで生きるは、希少性が9割】『レア力で生きる』小宮山利惠子【書評・感想】

【好きなことで生きるは、希少性が9割】『レア力で生きる』小宮山利惠子【書評・感想】

  • 好きなこと、やりたいことを見つけたい
  • 自分を変えたいけど、何していいか分からない
  • 好きなことで、食べていけるようになりたい

 

そんな想いに応えます。最近「好きなことで生きていく」という言葉を、いたるところで見聞きするようになりました。

 

そしてこれからはAIが台頭し、ドンドン人の仕事を奪っていく時代です。そんな時代に突入しつつある時に、絶対に知っておくべきことがあると思います。それこそが「好きなことで、生きていく方法」です。

 

「好きなことで生きていける人は、才能がある人だ。自分には、カンケーない」なんて、思っていませんか?でもそれ、大間違いです。

 

ぶっちゃけ、誰でも好きなことで生きていくことは出来ます。というよりもむしろ、これからの時代は「好きなことで生きていかないと、むしろ大変な時代」になると僕は考えています。

 

そんな時に、本書はそんな「生き抜く術」を教えてくれる一冊です。これからの時代を生き抜く上で、「読んでおいて損なし」の本でしょう。理由は、下記⏬です。

 

  • 社会の変化のスピードが速いから
  • 学び自分の市場価値を高めないと、生き残れない

 

まずは軽い気持ちでサクッと読んでみてくださいね♪

 

本書はこんな人にオススメ!

  • 好きなことをして、生きていきたい人
  • 自分のやりたいことが、分からない人
  • 夢や希望を叶えたい人

【オススメ本】『レア力で生きる』生レビュー!【マイノリティとして生きていく】

【要約】本書が1番伝えたいこと!

著者が1番伝えたかったことは「学ぶ習慣を身につけ、自分の好きなことにトコトン投資し、情報発信し続けよう」ということだと感じました。

 

本書をカンタンに要約すると「好きなことで生きていくために、いいことも悪いこともすべてを学びにし、学び続ける人生にしよう。学び続ければ、人生はうまくいくよ」。ということです。(めっちゃザックリしてますが、だいたいこんな感じだと思います。笑)

 

ぶっちゃけ、社会人になって仕事に慣れてくればくるほど、学ぶことってドンドン少なくなっていると思います。「1番学んでいたのは、学生の頃」なんて方も多いでしょう。

 

でもそんな学び続ける人が少ない社会だからこそ、学び続ける人は圧倒的に有利です。なぜなら、希少性が高まるからです。それを本書では、「レア力を高める」と表現しています。

 

学び続けると、こんな人生⏬になる!

  • 自分の価値がUPする!
  • 好きなことを、仕事にできる!
  • 悔いのない、人生になる!

 

人と同じことをしてマジョリティ(多数派)にいる限り、どうしても勝ち負けはついて回ります。けれども、人と違う自分の強みを発揮すると、ライバルは圧倒的に少なくなり、競争社会から抜け出せるのです。

「人と違う強み」は「レア力」と言い換えることができます。(P.5 「はじめに」より)

【効果的】レア力を高める「5つ」の行動!

本書では、もっとたくさん紹介されていますが、その中から僕が「いいな」と感じたものを5つに厳選して、紹介します。それが下記👇です。

 

  1. 旅をする
  2. 副業をやってみる
  3. 新しいことに、チャレンジしてみる
  4. 本を読む
  5. モノより「体験」に投資する

 

度は本当にいいことだらけです。旅をすることで、自分の中の「当たり前」がなくなることだってあります。自分にある大きな可能性と多様な生きる方法がある!(人生の選択肢が増える)ということに気づかされるからです。

 

本書では「自分の新しい可能性」を発見する手っ取り早い方法は、まだ見たことのない世界を旅すること、と述べられています。

 

僕もこれには完全に同意でして、自分をいつの間にか縛っている「価値観や常識」を捨てるには、経験したことのないことを経験することが1番早いと、痛感したからです。

 

何もわからない世界に飛び込むことで、好奇心と向上心に火がつくこともあります。自分のやりたいことや好きなことを見つけるキッカケにもなるので、「やりたいことがない」という人は、ぜひ冒険の旅に出てみて下さい。

 

学びとは、ただ知識を覚えることではありません。自ら足を運び、人に会い、話を聞き、体験し、考える。その一連の流れで始めて学びになる。(P.53 レア力の鍛え方・その1 「コンフォートゾーンから脱して自分の可能性を知る」より)

僕の読書感想文

結局、「やるか、やらないか」

僕が本書から強く感じたのは、結局「やるか、やらないかだけである」ということです。僕はぶっちゃけ、多くの悩みや不安は、行動すれば解決すると思っています。

 

でも多くの人は、悩んだ末に結局やりません。以前の僕も、頭であれこれ考えて、結局「自分にはできない」と、諦める理由ばかり探していました。

 

でも、そんなに長く生きてはないですが、僕なりに確信していることがあります。それは、自分が勝手に「できないと思い込んでいる」だけで、実際にやってみると、意外とできる場合が多いということです。

 

ちなみに僕の人生で痛感したことは、下記⏬です。

  • 周りに「ムリ」と言われた、難関大学に合格💮
  • ブログで収入得られるとか、ムリ

 

確かに大変でしたし、辛い思いもしましたが、ムリかどうかと言われればそんなことはありませんでした。全力でやってみて「自分には才能がないな」と感じたら、撤退すればいいだけです。

 

たとえ撤退したとしても、その経験が糧になりいつか必ず活かせる時が来るはずです。なので結局、「やるか、やらないかに尽きる」と僕は考えています。

 

それに何だかんだ「やりたいこと・好きなことをしたい」という気持ちに、1番ブレーキをかけているのって、自分自身の場合がとても多いです。たとえば、下記⏬。

 

  • 面倒くさいし、時間がない
  • どうせ自分には、出来っこない
  • お金がないから、できない

 

ぶっちゃけ諦めの理由を探せば、いくらでも出てきますよね。結局は何事にも言えることですが、「できるかできないか」ではなく「やるか、やらないか」だけなのです。

【決断と選択】迷った時は、ワクワクする方を選ぼう!

これも多くの書籍やネット、テレビで言われていることですが決断や選択をする時に大切なことは、「迷った時にはワクワクする方を選ぶこと」です。

 

  • 「そんなのカンタンじゃん」
  • 「いつもしてるよ」
  • 「考えなくてもできるわ」

 

なんな思った方、いませんか?確かに言われると、とてもカンタンそうに感じます。でも、実際できていない人の方が圧倒的に多いです。たとえば、下記の場合⏬を思い出してみてください。

 

  • 友達とランチに行った時、自分が食べたいのを我慢して、友達と同じメニューを選ぶ
  • ビールは好きじゃないけれど、周りがみんな飲むから「とりあえずビール」を注文する
  • 仕事を辞めて転職したいけど、周りの目を気にして辞められない
  • 「お金や忙しい」を理由にして、楽しいことを諦める
  • みんながやってないから、諦める

 

たぶん少なからず、ワクワクしない方を選んでいることがあると思います。何を隠そう、この僕も100%「ワクワクする方を選ぶ」ということは、未だに出来ていません。

 

「空気を読むことが得意」な多くの日本人は、自分の好きなことを選ぶのは、カンタンそうで意外と難しいのです。

 

だからこそ毎日少しでもいいから、「楽しそうなこと・ワクワクすること」を意識して、取り入れてみてください。そんな選択を続けていれば、今とは違う自分に近づいていけるはずです。

学ぶ習慣があるだけで、ブチ抜いた存在になれる!

学ばない社会人が多い日本では、学びを習慣化するだけで、マジョリティ(多数派)から脱することが出来ます。(👈断言できますが、これはガチです。)

 

これからの時代、学びの貯金だけでは足りなくなります。なぜなら、社会の変化が激しく、既存の知識や情報の劣化が進むからです。

新しいビジネスが次々に生まれる中で、今勤めている会社もいつまで存続するかわかりません。(P.160 レア力の鍛え方・その4「日常のすべてを学びに変える」より)

 

本書でも述べられていましたが、だからこそ学び続けて、自分の「スキルやスペック」を高め続ける必要があります。

 

とはいえ忙しい方も多いでしょう。そんな時は、スキマ時間の活用です。本1冊をカバンに入れておけば、サクッと学べるのでオススメです。他には、オーディオブックなんかも、移動中に聞けるのオススメですね。

 

  • スキマ時間も、うまく活用しよう!
  • 10分の積み重ねで、人生は変わる!
  • コツコツ学び、理想の人生を手に入れよう!

 読書をしない人が増えている時代こそ、読書体験への投資を惜しまず、数ある学びの中でも読書は特に優先する。そういう人は、今後ますます希少性が高まるでしょう。(P.179 レア力の鍛え方・その4「日常のすべてを学びに変える」より)

【結論】好きなこと・気になったことは「とりあえず、やってみる」

本書を読んでこれからの僕は「今まで以上に、気になったことはドンドンやってみよう」と思います。新しい体験とそこからの学びこそが、大切だと再認識できました。

 

奇跡的に僕は読者が大好きなので、比較的「座学(本からの学び)」においては、出来ている方だと思いました。そんな僕に圧倒的に足りないのが「実際に体験すること」です。

 

自分のことは知っているようで、知らないことの方が多いです。自分の新しい一面や好きを知るためにも、自分の興味・関心があることを手当たり次第やってみる。

 

その時に意識すべきは、なるべく「モノではなく、体験や経験に時間とエネルギーを投資すること」でしょう。

アウトプット習慣で、人生が変わる!

レア力で生きるためには、アウトプットの習慣化が何よりも大切なのです。(P.199 レア力の鍛え方・その5「チャンスのつかみ方」より)

 

やりたいことや好きなことで、生きていきたいならとにかく情報発信が重要ですね。sns の普及により「誰もがアウトプットできる現代」において、情報発信しなければ誰にも気づいてもらえないからです。

 

僕もそれを痛感したために、「ブログでの情報発信」を始めましたが、本当に人生が変わります。確かに一気に大きく変わることはありません。

 

けれども、明らかに毎日の「情報感度や情報収集の質と量」が圧倒的に増えました。

 

つまり、自分のやりたいことや好きなことを多くの人に知ってもらうには、今まで自分がやってきたことや考えを発信し続けることが必要なのです。

 

つまりまとめると下記⏬

  • 新しいことに、積極的にチャレンジする
  • モノではなく、経験に投資する
  • アウトプットを、継続させる

学び続ける人生に、失敗はない

他人と自分の違いを認め高めていく行動を継続させて「レア力をレベルアップ」させていきましょう。ぜひ当記事を読んだあなたには、自分の価値を高める「学びの習慣」を取り入れて、輝く理想の自分になって欲しいです。そんな人生を歩みたい人には、本書は超オススメです♪

こちらの記事も人気です♪

  1. 【思考法が9割】報われない努力を克服する!【自分を変えるコツ】
  2. 【思考法が9割】鋼の「意志力」をGetして目標達成する方法【先延ばし克服】
  3. 【超オススメ】やる気と自信を「2倍」に上げるコツ!【やる気を出す方法】
関連広告
【好きなことで生きるは、希少性が9割】『レア力で生きる』小宮山利惠子【書評・感想】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。