【わっちブログ】自分史上、最高に「カッコいい」をプロデュースするブログ。「筋トレ×ダイエット×マインド」を変えて、人生を変えていく。
【人生を変える】 嫌味な人を利用し「お金に変える方法」【皮肉は、お金持ちへの近道】

【人生を変える】 嫌味な人を利用し「お金に変える方法」【皮肉は、お金持ちへの近道】

  • 職場に、イヤな奴がいて困っている
  • 友達が嫌味を言ってきて、イライラする
  • 一言多い知り合いがいて、不快になる

 

生きていれば1人や2人くらい、上記みたいな人が周りにいると思います。ぶっちゃけそんな人、鬱陶しいですよね。「皮肉や嫌味を言ってくるウザい相手を、何とかしたい・・・」こんな想いに、全力で応えます♪

 

もしあなたの周りに「嫌味を言ってくる人」がいるなら、その状態をすぐに改善すべきです。理由はカンタンで、嫌味を言ってくる人によって、あなたの人生が幸せから遠ざかってしまうからです。言葉のチカラは偉大で、孫のことを言われ続けていると、本当にそんな人になってしまうのです。

 

嫌味を言われれば、当然少しくらいメンタルに悪影響を及ぼします。イライラしたり、不安になったり、バカにされ夢や挑戦を諦めてしまう・・・

 

そんなの最悪ですよね。何より、そんな嫌味を言ってくる人のために、あなたの夢や希望が叶わなくなってしまうなんてもったいないです。そんな人生とはサヨナラして、幸せになる考え方を紹介します。サクッと読んで、今日から人生を変えていきましょう♪

 

こんな人にオススメ!

  • 嫌味を言われて、イライラしがちな人
  • 人生を、良い方向へ変えたい人
  • イヤな人からの、ストレスを減らしたい人
  • 無意識に嫌味を言ってくる人の対処法を知りたい人
  • 嫌な人の対処法を知りたい人

 

【想像力を鍛え人生を変えるコツ】イヤな人を活用して、お金を増やす思考法!

学校・職場・近所付き合いなど、イヤな奴っていますよね。皮肉ばっかり言ってきたり、いちいち言わなくてもいいようなことを言ってきたりする人。

 

こんな人たちとは、できれば関わりたくないですよね。でもむしろ、積極的にこの「嫌味を言ってくる人や皮肉を言ってくる人」たちを活用して、お金に変える方法があるんです。つまり、イヤな人たちを利用して、自分の利益に変える思考法です

 

こんな人👇、あなたの周りにいませんか???

  • いつも一言が多く、イライラさせる天才
  • 嫌みをサラッと言ってくる人
  • 皮肉を交えて、ちゃっかりディスってくる人

 

そんな人があなたの周りにいたら、チャンスです。実は嫌みを言ってきたり、皮肉を言ってきたりする人って、あなたの「脳のある機能」を飛躍的に高めてくれるのです。そのある機能というのが、想像力です。

 

嫌味を言われると、想像力が圧倒的に鍛えられる!

【想像力UPで、収入UP】嫌味を言われると、想像力がUPする!

結論から言ってしまうと「皮肉や嫌味を言われると、良いアイデアを作るための想像力が高まる」のです。「ハーバード大学」の研究から紹介します。300人の参加者を集め、それを3つのグループに分けて調査しました。グループ分けは、下記⏬です。

 

  1. 普通の会話をしてもらってグループ:例「今日、天気いいですね」
  2. 嫌味や皮肉を交えた会話をしたグループ:例「今日の髪型、ライオンのタテガミかよw」
  3. ポジティブな会話をしたグループ:例「今日の髪型いいね」

 

この3つのグループから「脳の機能はどう変化するのか」、「想像力が1番高まるのはどのグループなのか」などを研究したのです。研究経過から・・・

 

  • 「①と③」は30%の人が新しいアイデアを思いついた
  • 「②の皮肉を言った側」は、67%もいいアイディア思いついた
  • では、「②の皮肉を言われた側」は・・・???

 

ポジティブな会話をすれば、想像力が高まりそうと思いがちですが、意外と普通の会話をしている時と変わらないのです。つまり、相手を褒めたり自分が褒められていい気分にすることが出来ても、いいアイデアは「ポンっと」出てくるわけではないのです。

 

それよりも驚くべきは、皮肉を言った側と言われた側の想像力の高まりです。

うまい「皮肉を言う人」は、想像力が鍛えられる!【普通の会話をするくらいなら、皮肉を言いあおう】

つまり、普通の会話をするくらいなら、うまい皮肉を言ったほうが、2倍以上いいアイディア思いつきやすくなるのです。皮肉というのは、単なる嫌味ではありません。そこらじゅうに転がっている嫌味な言葉ではなく、臨機応変に言葉を選んで、相手に放つ「嫌味のワンランク上」の、高等テクニックなのです。

 

しかし、想像力を鍛えられるのは実は「皮肉を言う側」だけではありません。むしろ、その逆で「皮肉を言われた側」の方が圧倒的に想像力が鍛えられるということが分かったのです。

 

驚くべきことに「皮肉を言われた側」は、なんと75%の確率で良いアイデアを思いついたと結論づけられています。この研究によって、皮肉を言われることの価値観が一変します。今までは「皮肉を言われることは、イヤな気持ちになるし、イライラしたり・・・」

 

あまりいいイメージがないですよね。でも今日から、ちょっとだけ思考を変えてみてください。たとえば、こんな感じです👇今日からあなたが周りから皮肉を言われたら、「この人はわざわざ自分の想像力を高めてくれてるんだラッキー」くらいに考えてみましょう。

 

  • 皮肉を言う人は、想像力が高まる
  • 皮肉を言われる側は、さらに想像力がupする
  • 考え方で、人生は変わる

【考え方次第で、人生9割変わる】イヤな奴で、お金持ちになる!【皮肉を言われたもの勝ち】

上記の考え方は、ちょっとだけ強引な考え方ですが、考え方次第で人生は180°変わります。そう、皮肉を言うのにも一般的な例えではなく、違う言い方をしようと頭を働かせているため、脳のトレーニングになっているのです。

 

また「皮肉を言われた側」も、この人は「どういう意図で、この言葉を言ったのだろう」と考えることで、皮肉を言う側よりも実は脳を使っているのです。

 

これを繰り返すことで脳のトレーニングになり、結果的に良いアイディアを思いつきやすくなるのです。つまり「うまい皮肉を考えたり、使った意図を思考する」ことで、良質で柔軟な発想ができるようになるのです。その柔軟な思考回路や、枠にはまらない発想は、あなたの大きな財産になります。

 

それに「現金」と違い、あなたの頭の中にある「想像力」という財産は、他人に盗まれる心配がありません。それに使えば使うほど、お金をますます呼び寄せることが出来るのです。鍛えて損なしです。だからこそ、皮肉を言われてイライラしたり、落ち込んだりする必要は全くありません。

 

むしろ積極的に皮肉を受け入れ、どんどんあなたの頭に投資していきましょう。いずれ、あなたに皮肉を言ってきた人なんかどうでも良くなります。むしろ感謝するくらいかもしれません。

 

  • 積極的に、皮肉・嫌味を受け入れる
  • 嫌味や皮肉は、軽く受け流しつつ・・・
  • 「どんな意図で、発したか」考えるクセをつけよう

 

【自己投資】嫌味・皮肉を言ってくる人は、トレーニングの時間!

あなたの周りにも、あなたに嫌みを言ったり、皮肉を言ってきたりする人はいると思います。しかし、この結果から分かる通り、考え方を変えればあなたの良い脳トレ相手となり、お金を生み出すための想像力を鍛えられるのです。

 

嫌味や皮肉を言ってくる相手は、想像力を高めるための、 いい訓練と考えてみてください。皮肉を言われて「イライラやストレス」を溜めているだけではもったいないです。せっかくならその人を糧にして踏み台にし、より大きな成果をたたき出してしまいましょう。一度きりの人生、全力で謳歌していきましょう♪

 

こちらもオススメ!

 

関連広告
【人生を変える】 嫌味な人を利用し「お金に変える方法」【皮肉は、お金持ちへの近道】
最新情報をチェックしよう!
>「コトバの魔力」ようこそ!

「コトバの魔力」ようこそ!

人生をもっとハッピーをモットーに活動。言葉の力で、人生を変える。